HEADLINE

ニュース

劇団☆新感線『髑髏城の七人』ついに開幕!アジア初の360°回転劇場「IHIステージアラウンド東京」もお目見え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花_小栗旬&山本耕史

観客を乗せながら360°回転するアジア初の円形劇場「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 が、2017年3月30日(木)、ついに開幕を迎える。初回直前には報道向けのフォトコールが行われ、実際の上演シーン40分ほどが公開された。

本作は、演出家・いのうえひでのりと座付き作家・中島かずきによる劇団☆新感線の代表作で、織田信長亡き後の関東の地を荒らす関東髑髏党との戦いが描かれる。また、本作は今回の公演で6度目、じつに6年ぶりの再演になるが、同劇場で2018年までの1年以上に及ぶ期間を“花・鳥・風・月”の4シーズンに分け、それぞれキャスト、脚本、演出を入れ替えて行うロングラン公演となることでも話題となっている。

IHIステージアラウンド東京

IHIステージアラウンド東京はゆりかもめ線「市場前駅」より徒歩1分の立地にある。劇場中は清潔なロビーに、1300以上の座席がなだらかな勾配に並ぶ客席、奥行きのある広々とした舞台があるが、一見すると他の大型劇場と大差ないように思われる。しかし、実際に舞台が始まり客席が動き出すと、新感覚の超スペクタクルな舞台機構に驚かされる。

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花

最初の場面は、とある村を襲撃していた関東髑髏党の鉄機兵たちに、沙霧(清野菜名)、兵庫(青木崇高)率いる関八洲荒武者隊、捨之介(小栗旬)が立ち向かう場面。いのうえひでのりらしいケレン味溢れる殺陣が舞台のあちこちで繰り広げられ、一気に観客の興味を惹きつけたところで幕が閉まる。そして、大パノラマの映像を前に、沙霧、関八洲荒武者隊、捨之介が次の場面である関東一の色街“無界の里”へ向けて舞台を周るように歩き出すと、客席も人物を追いかけるように回りだし、まるで人物と一緒に移動しているような錯覚に陥る。

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花_小栗旬&りょう

そして、客席が止まり幕が開くと、今度は洒脱な遊郭“無界屋”が舞台上に現れる。そこで、色里一と評判の極楽太夫(りょう)を中心とした遊女と関八洲荒武者隊、捨之介のコミカルな男女の駆け引きが展開されると、客席が回りだし、今度は無界屋の裏手へと場面を変える。そこで捨之介たちは再度、髑髏党の鉄機兵に襲われるが、蘭兵衛(山本耕史)の助太刀によってなんとか難を逃れる。しかし、落ちついたのも束の間、沙霧が行方をくらましてしまい、一行は無界の里の外へ。

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花_小栗旬&山本耕史&成河

ここで再び客席が回転し、溢れる緊張感を切らすことなく次のシーンが始まると、髑髏党の鉄機兵とともに天魔王(成河)の姿が。そして、天魔王は自身と捨乃介、蘭兵衛が抱える深い縁を仄めかすのであった・・・。

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花_清野菜名&青木崇高

IHIステージアラウンド東京に合わせて演出された『髑髏城の七人』は更にダイナミックな進化を遂げて生まれ変わったといっても過言ではない。「劇団☆新感線」の名に相応しい新たな演劇体験を味わってほしい。

最後に、開幕を迎えるキャストから届いたコメントを紹介。

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花_小栗旬

――初日を迎える上での心境は?
◆なかなか大変な舞台なので、怪我をしないように気をつけたいと思います。(小栗)
◆実感が湧かない自分と、興奮してきている自分がいます。お客様からしたら、まさに初日がスタートの日なのでゴールの日まで走り続けるようにと思っています。(山本)
◆観客、スタッフ、役者、その場にいる全員で初めてを共有できる喜びにとても興奮しています。たくさん稽古をしましたから、ひとまず全部忘れて、その喜びに身を投げ出して思いきり楽しんでやりたいと思います。(成河)
◆事故なく、つつがなく終わりたいです。(古田新太/贋鉄斎役)

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花_山本耕史

――劇場を体験しての感想
◆とにかく大きすぎて、大変な劇場ですね。(小栗)
◆客席が回転することもさることながら、スクリーンの効果で間口が狭くなったり広くなったり色々な表現ができる。新しい髑髏城を作り上げたいという気持ちが強くなりました。(山本)
◆舞台から見える景色は実は普段の舞台とあまり変わりません。変わるのはお客さんとスタッフさんです。お客様にはぜひ、まっさらな気持ちで座って頂いて、自分だけの特別な体験を味わって欲しいと思います。(成河)
◆広すぎる。おいらたちはセットの外を移動しているので、一周300メートルぐらいあるんじゃないかな。(古田)

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花_山本耕史&成河

――お客様へのメッセージ
◆お客様は絶対に楽しめると思うので、期待を裏切らないように頑張ります。(小栗)
◆劇場の力を持って、一回りも二回りもスケール感を広げられると思うので、「観に来て」くださいと同時に「感じに来て」頂ければ嬉しいです。(山本)
◆間違いなく観た事も味わった事も無い、新しい劇場体験をする事になると思います。そして最後はそれを忘れるぐらい物語の中に没入して頂けることをお約束します。練りに練って作られた日本最高峰のステージエンターテイメントをどうか心ゆくまでお楽しみ下さい。(成河)
◆面白い面白くないは別にして、なんかすげーなここ、と思いますよ。(古田)

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花_小栗旬&山本耕史&成河&近藤芳正

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 花 Produced by TBSは、2017年3月30日(木)から6月12日(月)まで、東京・IHIステージアラウンド東京で上演される。その後上演される各シーズンの公演スケジュールは以下のとおり。

◆ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS
2017年6月27日(火)~9月1日(金)
◆ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 風 Produced by TBS
2017年9月下旬~
◆ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 月 Produced by TBS
2017年11月下旬~

(取材・文・撮影/大宮ガスト)

(文/エンタステージ編集部)

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 produced by TBS

作品情報劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 produced by TBS

劇団☆新感線の名作『髑髏城の七人』が、客席が回転する前代未聞の劇場IHIステージアウンド東京の杮落としとして登場!

  • 公演:
  • キャスト:小栗旬、山本耕史、成河、りょう、青木崇高、清野菜名、近藤芳正、古田新太、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP