HEADLINE

ニュース

北村想が「能」をモチーフとした日本文学シアター第4弾『黒塚家の娘』に風間俊介、趣里らが出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006784.jpg

「日本文学シアター」第4弾となる『黒塚家の娘』が、2017年5月から6月にかけて上演される。「日本文学シアター」とは、劇作家の北村想とシス・カンパニーが、日本文学へのリスペクトを込めたオリジナル戯曲を発表する人気シリーズで、これまでに『グッドバイ』(2013年)、『草枕』(2015年)、『遊侠 沓掛時次郎』(2016年)が発表されている。第4弾となる本作で北村は、これまでの出発点であった「近代日本文学」の枠を飛び超え、能「黒塚」を創作のモチーフとした。

物語の舞台は現代。聖書の教えを説く若き牧師は、とある理由から傷心を抱え放浪の旅に出るが、霧深い森に迷い込んでしまう。そして、森の奥で出会った謎めいた母娘が暮らす屋敷で一夜を過ごすことになった。休もうとする彼の前には「開けてはならない」という禁忌の扉が・・・。そこに、後を追ってきた盲目の先輩牧師が現れ・・・。はたして、森の奥にはどんな秘密が眠っているのだろうか。

演出は、これまでの3作に続き、寺十吾が続投する。出演は風間俊介、趣里、高橋克実、渡辺えりの4名。

シス・カンパニー公演日本文学シアターVol.4 能「黒塚」より『黒塚家の娘』は、5月12日(金)から6月11日(日)まで東京・シアタートラムにて上演される。チケットは、3月26日(日)10:00より一般発売開始。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP