HEADLINE

ニュース

鈴木勝秀による伝説のリーディングドラマ『シスター』貴城けい&小西遼生ら3組みのペアで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006681.jpg

鈴木勝秀が2013年に書き下ろし、篠井英介&千葉雅子のタッグで上演されたリーディング公演『シスターズ』が、2017年3月10日(金)から3月12日(日)にかけて大阪・サンケイホールブリーゼにて、装い新たに上演されることが決定した。鈴木作品といえば、男の孤独や葛藤を描いた作品が多いが、本作は「自分の中の“女”と向き合う」というコンセプトから誕生したという。初演時は「姉」と「妹」の物語として篠井英介と千葉雅子タッグを組み、たった1回のみの上演で“伝説”となった。

今回、約4年ぶりに本作を上演するにあたり、タイトルを『シスター』と改題。さらに「姉」と「弟」の物語として、新たに送り出す。日常のふとした風景描写から心象風景を語りで描き出していくこの会話劇に、今回は挑むのは3組みのペア。3月10日(金)は三倉茉奈と池岡亮介、3月11日(土)は貴城けいと小西遼生、3月12日(日)は彩輝なおと木村了が出演する。

舞台には、雰囲気のあるイスが2脚。その後方には丸テーブル。マイクが2本。シンプルな照明。
ただそれだけのセットの中に、男優一人と女優一人ひとり。

弟と、彼の成長に寄り添ってきた姉。二人の不思議な会話は、次第に自身の心の裡を覗きこんでいき、そして衝撃のラストへ―。新たなスズカツ・ワールドをお見逃しなく。

リーデイングドラマ『シスター』は、3月10日(金)から3月12日(日)まで大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。チケットは、3月8日(水)10:00より一般発売開始。

3月10日(金)19:00公演 三倉茉奈 池岡亮介
3月11日(土)14:30公演/18:00公演 貴城けい 小西遼生
3月12日(日)14:30公演/18:00公演 彩輝なお 木村了

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP