HEADLINE

ニュース

20代の新メンバー4名を加えた新生THE CONVOYによるエンターテイメント!『asiapan』ゲネプロレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006611.jpg

東京・赤坂ACTシアターにて、2017年2月25日(土)にTHE CONVOY(ザ・コンボイ)の新作『asiapan(アジァパン)』が幕を開けた。結成30年以上になる彼らは、今回、舞台で活躍する若手4名を新メンバーに加え、勢いを増した。洗練されたダンス、タップ、歌などのショウがふんだんに盛り込まれた本作は、作・演出・代表の今村ねずみが2016年にアジアを旅した経験が元になっている。

『asiapan』公開ゲネプロ_7

新メンバーは、荒田至法(朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』、ミュージカル『ミス・サイゴン』など)、後藤健流(ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“烏野、復活!”、『Club SLAZY』シリーズなど)、佐久間雄生(ミュージカル『ミス・サイゴン』、地球ゴージャスVol.14『The Love Bugs』など)、本田礼生(ミュージカル 『テニスの王子様』3rdシーズン、『Live Performance Stage チア男子!!』主演、など)の4名。この4名は、参加者が500名を超えるオーディションから選び抜かれたという。全員、身体能力が高く、本作の中ではそれぞれの得意なダンスを活かした見せ場もある。また、50代のベテランダンサー6名と、20代の4名が共に踊るシーンは、身震いするほど格好良い。

『asiapan』公開ゲネプロ_4

幕が開けると、スーツ姿の男性たちによる美しいダンスで一気に引き込み、物語の世界へ誘う。そこは東南アジアのとある国。遺跡群に囲まれた町のゲストハウス「sweet home SAKURA」には、数名の日本人男性客が居合わせた。偶然にも、ホテルのオーナー(今村ねずみ)も日本人。中年期の旅人たちは、誰もが明るく旅を楽しんでいる。このテンポの良い台詞の掛け合いは、30年を共にしてきたチームTHE CONVOYならではだ。

『asiapan』公開ゲネプロ_3

50代メンバーたちは日本人の観光客に、20代の新メンバーは現地人としてホテルのスタッフや町の人々に扮する。それぞれの対比が眩しい。中年の日本人たちは、一見、笑顔で旅の喜びに溢れている。しかし、それぞれ仕事や家庭など人生の苦悩を背負い、何かを求めてアジアの地へやってきていることが会話の端々から垣間見えてくる。

『asiapan』公開ゲネプロ_6

彼らを見て、本田演じるホテルの現地スタッフは片言の日本語で「お金も何でもあるのに、なぜ日本人は幸せそうじゃない?僕は幸せだよ!このホテルで働けてるし、バイクが欲しいっていう夢もある!」とうったえる。人生の辛酸をなめてきた大人たちと、希望に溢れて元気のいい現地の若者たちは、まるで、発展が頭打ちになった日本と、急成長を遂げている今のアジアのようだ。

全編、音楽と踊りがあふれる。一つのドラマの中で、ダンス・タップ・歌などが繰り広げられるエンターテイメント舞台は、長年変わらない“ザ・コンボイショウ”のスタイルだ。

『asiapan』公開ゲネプロ_8

ザ・コンボイのもともとのメンバーたちは、今やそれぞれがダンスや演劇や振付の分野で活躍している。キャラクターが立ち、個性的でありつつも、ダンスシーンは一糸乱れぬ一体感。それまで悩みを抱え少し冴えない日本人観光客を演じていたのに、踊る姿には洗練された大人の色気がある。

『asiapan』公開ゲネプロ_5

そんな大人たちに、若者も遠慮はしていない。ダンスも芝居も思いきりよく、どんどん相手に食い込んでいく。4名はタップ、ブレイクダンス、アクロバットを次々に披露し、新生ザ・コンボイの魅力をふんだんに主張した。メンバーそれぞれのソロシーンも堪能でき、誰もが「主役」で誰もが「脇役」であるというのも“ザ・コンボイショウ”の変わらぬ見どころである。

『asiapan』公開ゲネプロ_10

少しずつ、日本人観光客それぞれの抱える問題が、もれ出てくる。その様子を舞台中央から、カンボジアのアンコール遺跡群を思わせる人面像が、微笑みを浮かべて見つめる。悩む人々を見下ろすその笑顔は、まるで母のようだ。今作のテーマ「What is your MOTTO?(あなたが生きていくモットーは?)」を優しく問いかけている。

『asiapan』公開ゲネプロ_9

若い時は、まだ見ぬ未来を想像し希望に溢れていても、人生を歩むにつれ予想もしなかった壁に突き当たることは、誰でもあるだろう。次の一歩をどこに踏み出したらいいのか分からなくなったら、自分の原点を探してみたくなったりもする。『asiapan』は、japan人でもありasia人でもある私たちの背中を、優しくも力強く押してくれるエンターテイメントショウだ。

『asiapan』公開ゲネプロ_2

THE CONVOY SHOW vol.32『asiapan(アジァパン)』は、2月25日(土)から3月1日(水)まで東京・赤坂ACTシアターにて上演。その後、北海道、愛知、大阪、福岡を巡演する。各公演の日程は以下のとおり。

【東京公演】2017年2月25日(土)~2月28日(火)、3月1日(水) 赤坂ACTシアター
【札幌公演】2017年3月5日(日) 札幌市教育文化会館 大ホール
【愛知公演】2017年3月8日(水)・3月9日(木)東海市芸術劇場
【大阪公演】2017年3月11日(土)・3月12日(日) 森ノ宮ピロティホール
【福岡公演】2017年3月14日(火)ももちパレス

(取材・文・撮影/河野桃子)

(文/エンタステージ編集部)

THE CONVOY SHOW vol.32『asiapan』

作品情報THE CONVOY SHOW vol.32『asiapan』

「THE CONVOY SHOW」2017年最新作!若き新メンバー4人が加わった彼らのステージを見逃すな!

  • 公演:
  • キャスト:瀬下尚人、石坂勇、舘形比呂一、黒須洋壬、トクナガクニハル、荒田至法、後藤健流、佐久間雄生、本田礼生、今村ねずみ

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP