HEADLINE

ニュース

匂いも感じる新体験型ステージ『BIOHAZARD』製作発表!横浜流星、初のガンアクションに挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006385.jpg

全世界で7100万本の販売を誇り、サバイバルホラー・アクションゲームの代名詞ともなっている『バイオハザード』シリーズ。その大ヒットゲームを原作とした最新の舞台公演である超体感型ステージ『BIOHAZARD THE Experience』の上演が決定した。2017年1月18日(水)には都内にて製作記者発表が行われ、横浜流星、篠田麻里子、東幹久、Raychell、テーマソングを担当したElementsGardenの上松範康、作・演出の鈴木勝秀、原作監修の小林裕幸が登壇した。

本作は、劇場という密室空間を活かし、光と闇と音、そして迫り来るゾンビが観客席を駆け巡るなど、恐怖と戦慄がステージと観客席を覆う「超体感型ステージ」演出で、日本を舞台にしたオリジナルストーリーを展開する。

ある洋館の一室で、理由も分からず眠らされ、どこからか連れてこられた男女13名が目を覚ます。互いの素性も分からないまま、共にそこから脱出しようとするが、そこには腐敗臭を放つ得体の知れないヤツら・・・ゾンビがいた。

『BIOHAZARD』製作発表_6

本作の見どころは、なんといっても「超体感型」というステージ演出だろう。鈴木は「五感を刺激すると紹介されていますが、味覚はありませんが、その他の“四感”はあります。匂いもあります。演劇において音はインパクトをもたらすものですので、音にもこだわりたい」と説明する。さらにゾンビにも注目。鈴木は、かなりの人数のゾンビを投入することを明かすと「メイクや衣装にもこだわってゾンビを作り上げます。それが、いつどこで現れるのか分かりません。舞台上だけじゃないかも。駅から劇場に向かって歩いている途中で会わないように(気をつけて)」とニヤリ。「楽しみにしていてください」と胸を張った。

『BIOHAZARD』製作発表_3

主演となる医師のカラサワ役を務める横浜は「新しい舞台になると思います」と挨拶。『バイオハザード』の映画版について聞かれると「ホラーだけじゃなく、人間ドラマやガンアクションもあり、魅力がつまった作品。ガンアクションには、男として興奮しました!」と語り、「今回の舞台で、僕も初めてガンアクションにも挑戦しますので、アクションにも注目してもらいたいです」とアピールした。

『BIOHAZARD』製作発表_4

一方「ホラーが苦手で避けていた」と話すヒロイン役の篠田は「(舞台のために)映画を観に行きました。ホラーではありますが、人間ドラマもあり(映画版の主演を務める)ミラ・ジョヴォビッチさんのファンになりました」と笑顔で明かした。さらに篠田は「怖がるのは嫌ですが、怖がらせるのはワクワクします(笑)。(お客さんたちが)どんな風に体感してもらえるのか楽しみです」と意欲をのぞかせた。

『BIOHAZARD』製作発表_5

「ゲームにドハマりし、徹夜でやっていた」と言う東は「ただのお化け屋敷にならないよう、どうお客さんに届けるか稽古に励んでいます。極限状態の人間の強さと弱さ、そして生臭さを演じられるよう考えています」と思いを語った。また、エンディングテーマも担当するRachellは「今までと違った恐怖やホラーが体感できる作品になっています。『バイオハザード』は、女性が強くてかっこよくてセクシーな作品なので、私もそうなれるようがんばります」と意気込んだ。

『BIOHAZARD』製作発表_2

『BIOHAZARD THE Experience』は、2月10日(金)から2月26日(日)まで東京・Zeppブルーシアター六本木、3月4日(土)・3月5日(日)に兵庫・新神戸オリエンタル劇場にて上演される。

(取材・文・撮影/嶋田真己)

(文/エンタステージ編集部)

BIOHAZARD THE Experience

作品情報BIOHAZARD THE Experience

あなたは本当の気配・音・風などを感じ、舞台は恐怖と戦慄、そして感動の極みへ!

  • 公演:
  • キャスト:横浜流星、篠田麻里子、青柳塁斗、木戸邑弥、今井れん、Raychell、IZAM、福本有希、志村玲於、紗綾、太田光る、大原海輝、石田ヨウスケ、池田努、東幹久、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP