HEADLINE

ニュース

舞台『警視庁抜刀課 vol.1』中村優一×井上正大“平成ライダー”がタッグを組む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006383.jpg

2017年5月から6月にかけて舞台『警視庁抜刀課 vol.1』が東京・CBGKシブゲキ‼にて上演されることが決定した。原作は、月刊「バーズ」(幻冬舎)にて連載中の斎藤岬による人気漫画「警視庁抜刀課」。人を惑わす不思議な力を秘めた「憑き刀(つきがたな)」を取り締まるため、警視庁に設立された「銃刀特別対策課」、通称“抜刀課”の切通(きりどおし)と架光(かけみつ)、二人の刑事の戦いを描いている。

真面目一徹で少し天然な切通を演じるのは、『仮面ライダー響鬼』『仮面ライダー電王』の中村優一。一見軽薄だが仲間想いの架光は『仮面ライダーディケイド』の井上正大が演じる。

脚本・演出は、『おとめ妖怪ざくろ』などを手掛ける大和田悟史が担当。さらに、本作がこだわるのは、人を斬る“刀”の持つ恐ろしさ。時代劇の殺陣における第一人者、青木哲也を殺陣師に迎え、二人の“平成ライダー”がタッグを組んで、超本格殺陣アクションを披露する。

舞台『警視庁抜刀課 vol.1』_2

【あらすじ】
警視庁のビルの一角、もともとは倉庫だった場所に・・・「銃刀特別対策課」通称“抜刀課”が設立された!“刀”に憑りつかれた人間による不可思議な事件が頻発したニッポン。これらの事件を収めるために、危険な刀は国によって押収されることが法律で定められた。忌むべき刀を回収すべく、抜刀課にはスペシャリストたちが集う。メンバーには、警視庁最強の剣士・切通と居合が得意な架光。怪しい力を宿した“憑き刀”と対峙する!
そんな彼らの前に、義経・弁慶と名乗り、刀に異様な執着を持った2人の男が立ちはだかり・・・。
義経、弁慶は、いったい何者なのか!?
失われた刀を取り戻し市民の安全を守るため、切通と架光は奔走する!

舞台『警視庁抜刀課vol.1』は、5月26日(金)から6月4日(日)まで東京・ CBGKシブゲキ‼にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP