HEADLINE

ニュース

辻本祐樹の羽柴秀吉再び!『SENGOKU WARS~RU・TENエピソード2~猿狸合戦』は『るの祭典』のその後の物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006382.jpg

2017年2月25日(土)、2月26日(日)に東京・東京芸術劇場シアターイーストにて『SENGOKU WARS~RU・TENエピソード2~猿狸合戦』の上演が決定した。本作は、2014年の年末に黒田官兵衛を主人公に上演された『るの祭典』のその後の物語。官兵衛が主として抱き、心に決めた男「羽柴秀吉」を主人公とした新たな物語が誕生する。

【あらすじ】
時は戦国。本能寺の変から約2年。清州会議を経た、賤ヶ岳の戦いから更に後。信長の後を継いで、この戦乱の世で「天下人」となるのは一体誰か・・・。
誰よりも心優しく、貧しいものが殺されていく世の中を嘆き、自分がこの世界を、殺されていく人たちを守りたいと心に誓った、あの羽柴秀吉は・・・変わっていた。天下が近くなればなるほど、秀吉は強かに、そして少しずつ冷酷に。しかしそんな秀吉に、人々は従い始める。
同じ頃。天下統一を目指す戦に名乗りを上げた男がもう一人。彼の名前は徳川家康。人を動かす能力は秀吉以上に長けた男。
秀吉と家康の猿と狸の化かし合い合戦の決着とは?さらに、大阪城築城へと動き出した秀吉の想いとは・・・?

『猿狸合戦』上演決定_2

脚本は赤澤ムック、演出は佐々木充郭が手掛ける。天下をとるために次第に冷酷・非情になっていく羽柴秀吉を演じるのは、『るの祭典』でも同役を演じた辻本祐樹。腹黒で強かな頭の切れる徳川家康役は鳥越裕貴が演じ、互いを利用しながら、頭脳戦を繰り広げる。

このほかの出演は、秀吉の親友・前田利家役は蒼木陣、家康の側近・石川数正役は二瓶拓也、秀吉と家康の間でうろうろしているお坊ちゃま・織田信雄役は碕理人、家康の側近・服部半蔵役は加藤啓。加藤は、服部半蔵のほか、なか、朝日姫、ねねといった秀吉を支える女たちも演じる。

また、劇中のあるシーンには日替わりゲストも登場。日替わりゲストには、小林且弥、白又敦、安西慎太郎、滝口幸広、木ノ本嶺浩が『るの祭典』で演じたそれぞれの役として、秀吉と語り合う。

【日替わりゲスト詳細】
2月25日(土)12:00 黒田官兵衛(小林且弥)
2月25日(土)15:00 重太郎(白又敦)
2月25日(土)18:00 石田三成(安西慎太郎)
2月26日(日)12:00 織田信長(滝口幸広)
2月26日(日)15:00 竹中半兵衛(木ノ本嶺浩)

『猿狸合戦』上演決定_3

『SENGOKU WARS~RU・TENエピソード2~猿狸合戦』は、2月25日(土)、2月26日(日)に東京・東京芸術劇場シアターイーストにて上演される。チケットは、2月4日(土)より一般発売開始。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP