HEADLINE

ニュース

シェイクスピアを知り尽くしたジョン・ケアード、内野聖陽主演で新しい“ハムレット”を生み出す!『ハムレット』製作発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006318.jpg

世界的にヒットした傑作ミュージカル『レ・ミゼラブル』オリジナル版の演出で名を轟かせた名匠ジョン・ケアードが、シェイクスピア劇の最高峰とも呼ばれる『ハムレット』に挑む。2017年1月10日(火)には製作発表が東京都内で行われ、ジョン・ケアード、翻訳の松岡和子、音楽・演奏を担当する藤原道山のほか、内野聖陽、貫地谷しほり、北村有起哉、加藤和樹、山口馬木也、今拓哉、壤晴彦、村井國夫、浅野ゆう子、國村隼が登壇した。

シェイクスピア四大悲劇の中でも最も人気が高く、究極のヒーローである『ハムレット』。ケアード演出では、通常なら20~30人に登る出演者を有する大規模作品である本作を、ほぼすべての俳優が複数役を担うことで、わずか14人で演じ切る。なんと、ハムレット役の俳優でさえも、他の役を演じることを構想しているという。

『ハムレット』製作発表_2

また、和楽器奏者である藤原は音楽で参加するほか、劇中で生演奏も行うが、ケアードは「(本作は)デンマークという設定だが、それもシェイクスピアの想像上の場所であり、そもそも二つの家族が住んでいる場所である場所が作品の舞台。普遍の場として、どこの文化でやっても成立するように、日本語で日本の役者が演じるため必然的に日本らしさが入る」と和の要素も演出に取り入れることも示唆した。

『ハムレット』製作発表_3

ケアードからこの“ハムレット”という役柄を強く勧められたという内野は「ハムレットは台詞も多く、考えていることも抱えていることも非常に複雑な役柄なので、役者として大きなチャレンジです。自分の中のハードルを一つ一つ飛び越えていい作品にしたいと思います」と挨拶し、「(ハムレットは)若い人がやるべき役だと思っていたと思いますが、今回のハムレットで『違うんだぞ』と証明します。若い人間が若い役をやるのがいいわけじゃない。オッサンなりの良さを出します(笑)」と力強く宣言した。

『ハムレット』製作発表_4

一方、オーディションを経てオフィーリア役を得たという貫地谷は「ここに立てていることが嬉しいのですが、どうしようという思いも渦巻いています。ジョンという素晴らしい方に演出していただき、素晴らしいキャストの方の中でできることが楽しみです」と本作への思いを明かす。

同じく、オーディションを受けたという加藤は、内野演じるハムレットと決闘を演じるレアティーズ役。加藤は「オーディション時に『体が動くのか』と言われたのですが、(決闘する役になり)こういうことかと思いました(笑)。相手が内野さんで、恐れ多くもあります。自分の限界を超えるつもりで作品に臨みたいです」と目を輝かせた。

『ハムレット』製作発表_5

また、本作が初めてのシェイクスピア作品となる國村は「シェイクスピアはこんなふうに読み解くんだと(ケアードに)初めて教えてもらって、今までイメージしていたものと違い、おもしろそうだと初めて思いました。シェイクスピアを知り尽くした演出家であるジョンさんとできるのがラッキーだなと思います」と期待をのぞかせ、浅野も「まだ新しいことに声をかけてもらえるのは嬉しいこと。新しい私を作ってくれるのかなという期待に胸が震えています」と語った。

『ハムレット』製作発表_6

本作で唯一、ホレイショーという一役だけを演じる北村は「長台詞を覚えたり、友人の出演する舞台を観に行って首を傾げてきたり(笑)と、一番、触れてきた頻度が高い作品が『ハムレット』。いよいよ僕もその『ハムレット』に参加する時が来ました。肋骨を広げて、思い切りやりたいです」と意気込み、『十二夜』に続いてケアード作品に出演する山口は「『十二夜』の稽古場が楽しく貴重な経験でしたので、またご一緒できることが楽しみでしょうがないです。ですが、今回はアクションムーブメントも担当することになったので不安もあります。チームの一員として精一杯がんばります」と語った。

『ハムレット』製作発表_7

ジョン・ケアード演出『ハムレット』は、4月9日(日)から4月28日(金)まで東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される。その後、兵庫、高知、福岡、長野(2箇所)、愛知を巡演する。日程は以下のとおり。

【東京公演】4月9日(日)~4月28日(金) 東京芸術劇場 プレイハウス
※4月7日(金)・4月8日(土)はプレビュー公演
【兵庫公演】5月3日(水・祝)~5月7日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
【高知公演】5月10日(水) 高知市文化プラザかるぽーと大ホール
【福岡公演】5月13日(土)・5月14日(日) 北九州芸術劇場 大ホール
【長野・松本公演】5月17日(水) まつもと市民芸術会館主ホール
【長野・上田公演】5月21日(日) 上田市交流文化芸術センター 大ホール
【愛知公演】5月24日(水)~5月26日(金) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

(取材・文・撮影/嶋田真己)

(文/エンタステージ編集部)

ハムレット(2017年)

作品情報ハムレット(2017年)

ジョン・ケアードの手により、シンプルで、力強く、格調高い『ハムレット』が東京芸術劇場プレイハウスに現出!

  • 公演:
  • キャスト:内野聖陽、貫地谷しほり、北村有起哉、加藤和樹、山口馬木也、今拓哉 、大重わたる、村岡哲至、内堀律子、深見由真、壌晴彦、村井國夫、浅野ゆう子、國村隼、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP