HEADLINE

ニュース

ロックバンドamazarashiの人気楽曲を舞台化した『ジュブナイル』小坂涼太郎、荒井レイラらのビジュアルを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006292.png

2017年1月21日(土)から1月22日(日)まで東京・シアター1010にて上演される『ジュブナイル』。本作は、TVアニメ『東京喰種トーキョーグール√A』のエンディングテーマや『乱歩奇譚 Game of Laplace』のオープニングテーマなどを歌う人気ロックバンドamazarashiの楽曲「ジュブナイル」を原案に舞台化したもの。楽曲の持つ強いメッセージ性と、アニメーションMusic Videoに描かれた独特の世界観を舞台作品として表現する。本日、そのビジュアルが公開された。

『ジュブナイル』キャラクタービジュアル_2

『ジュブナイル』キャラクタービジュアル_3

ヒロイン・メイの心の支えとなるアキラ役を演じるのは、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー‼」や舞台『ホイッスル!BREAK THROGH-壁をつき破れ-』など話題作に出演する小坂涼太郎。メイ役はSUPER☆GiRLSの元メンバー、荒井レイラ。

『ジュブナイル』キャラクタービジュアル_4

『ジュブナイル』キャラクタービジュアル_5

舞台化にあたり、数々のオリジナルキャラクターも登場する。重要人物となる使者・イノセンス役はミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンの佐伯虎次郎役を演じた内海大輔。別世界での裏ヒロインの王役を元SDN48の穐田和恵が演じる。

このほかの出演は、坂口和也(ホーリィ役)、中谷智昭(アマグモ役)、瀬尾卓也(謎の男役)、坂本康太(ライ役)、 中嶋春陽(カーミィ役)、松田将希(ソロウ役)、平原ゆか(エンヴィ役)、浅海こはる(パラノア役)、澤井俊輝(レイジー役)、谷茜子(ミルダ役)、菊池千花(マザー役)など。

脚本・脚本家はLIPS*Sの吉田武寛。なお、本公演は吉田と、イベント・舞台公演をプロデュースする小宮山薫とがタッグを組んで立ち上げたStage Project ILLUMINUSの旗揚げ公演として行われる。

ILLUMINUS Debut Stage『ジュブナイル』は、1月21日(土)から1月22日(日)まで東京・シアター1010にて上演される。

【あらすじ】
足を骨折し、リハビリ治療を続ける女子高生メイ。彼女の前に現れた男は、現世とは異なる異界へと連れ去る。誰も見知らぬ地で、メイは出会う人々に裏切られ、異形のモノに襲われる。雨晒しのような苦難の中で、それでもメイは現世への帰還を誓う―。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP