HEADLINE

ニュース

「ジャンフェス」ネルケブースのトークステージをレポート!ミュージカル『テニスの王子様』編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006284.jpg

2016年12月17日(土)・12月18日(日)に千葉・幕張メッセ 国際展示場にて開催された「ジャンプフェスタ2017」。初出展となった“ネルケプランニングブース”では、衣裳や「ネルケミュージアム」の展示のほか、各作品のキャストを迎えたトークステージなどが開催された。その中から、17日(土)に行われたミュージカル『テニスの王子様』のトークステージの模様をお届けする。

「ジャンプフェスタ2017」ネルケトークステージ_テニミュ2

登壇者は、阿久津仁愛(越前リョーマ役) 、宇野結也(手塚国光役)、二葉要(佐伯虎次郎役)の3名。事前募集で当選した約100名のファンを前に、楽しいトークを繰り広げた。阿久津と宇野は、このトークステージの前に行われた「SQ.ステージ」に三浦宏規(跡部景吾)と共に出演するため前日入りしていたという。しかし、宇野は「三浦くんがちゃんと起きるか心配で、あんまり寝られなくて。朝も、電話して起きてるか確認して・・・」と呟くと、二葉から「父親みたい(笑)」とツッコまれ笑いを誘った。

このイベントが行われたのは、12月22日(木)に開幕したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs六角の直前。まず、トークでは新青学と六角メンバーが切磋琢磨する稽古場でのエピソードが語られた。「みんな仲がいいよね」「合宿が大きかったね」などと口々に語りながら、「稽古時間が長いから、皆、食に対する執着がすごいんです」と宇野。おにぎりを5個ぐらい持ってきている人もいたという。また、二葉は同チームの矢代卓也(葵剣太郎役)が「坊主頭なのにいつも鏡を見ている」ことが気になると言い、「何してるの?って声かけたら(短く刈り込んだ髪が)左から右に流れないと気がすまないって言うんですよ(笑)」と、おしゃれを気にする坊主心を感じたと明かした。

「ジャンプフェスタ2017」ネルケトークステージ_テニミュ6

また、オーディションについて、阿久津は「すごくドキドキしていて、全然覚えてないんですけど・・・皆の特技がおもしろかったです」と振り返った。そんな阿久津は“ボイスパーカッションをしながらテニスのラリーを披露する”という特技を見せたそうで「レベル高くて、普通に拍手しちゃったよ」と宇野は大絶賛。見たい!という声から、その場で阿久津はボイパを披露することに。ほんの少しだったが、本格的なカッコいいボイパをする阿久津の姿に、大きな拍手が沸き起こった。

続いて、キャストが考えたさいころトークへ。賽の目には、それぞれ「好きな台詞」「好きなメンバー」「青学・定本楓馬(不二周助役)くんに一言」「氷帝・内海啓貴(日吉若役)くんに一言」「六角・陽向謙斗(黒羽春風)くんに一言」「当たり目」と書かれている。

最初にサイコロを振った阿久津が出したのは、「六角・陽向くんに一言」。阿久津は早速、「陽向謙斗役の黒羽くんは、筋肉すごい!っていうイメージがあると思うんですけど、皆に対する愛がすごくあって、アドバイスしてくれて・・・今日ここにはいないんですけど、感謝しています!」と思いのたけを告白。ちなみに黒羽は、上半身は筋肉ムキムキ、下半身はスリムな逆三角形体型。その肉体美も見どころとなっているという。

「ジャンプフェスタ2017」ネルケトークステージ_テニミュ3

続いて、宇野が出した目は「青学・定本くんに一言」。定本とは、同じ事務所に所属しており、入ったのも同時期だったという宇野。「彼は、とにかく、かわいいですよね・・・いつも眠そうなんですけど(笑)。でも、芝居に入ると不二というキャラクターに寄り添っていて、青学の頼れる存在です。本番では、彼のかっこいい姿がたくさん見られるのではないでしょうか!」と同志の雄姿をアピール。

最後の二葉は、司会を務めていたこともあり「代わりに振ってくれる?」とその運命を宇野に託す。すると・・・宇野はサイコロを振らずに“ある目”をドン!と床に置いた。その目は「当たり目」!

「ジャンプフェスタ2017」ネルケトークステージ_テニミュ4

「当たり目」は何が当たりなのかというと、青学・乾貞治が作った「乾汁」をその場で飲めるというもの。早速、ステージにはすごい色をした“飲み物(?)”が運び込まれた。「うわ~、すごい色・・・急に震えが(笑)」と言いつつ、二葉はファンのカウントで乾汁を男らしく一気飲み!味の感想を求められると、「う~ん、不味い!もう一杯!!」とユーモアたっぷりに答えていた。

「ジャンプフェスタ2017」ネルケトークステージ_テニミュ5

最後は、集まったファンと阿久津によるじゃんけん大会が行われ勝者3名に、阿久津・宇野・二葉のサイン入りチェキがプレゼントされた。

最後は、「皆さんのおかげですごく楽しかったです。劇場で僕らのがんばりを観ていただけたら『ダメじゃん、俺をフリーにしちゃ』・・・ありがとうございました!」(二葉)、「日を追うごとに、ミュージカル『テニスの王子様』という作品の偉大さを感じています。皆さんのために、全力を尽くしてまいります!・・・『規律を乱すことは許さない』」(宇野)、「新青学と六角、全力で取り組んでいきます、応援をよろしくお願いいたします!・・・『俺は上に行いくよ!』」と、それぞれの好きな台詞とともに挨拶し、イベントを締めくくった。

新キャストの魅力と仲の良さが垣間見えた30分。新青学&六角メンバーで行われているミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs六角は、東京公演を終え、次の戦いの地・大阪へ向かう。若き彼らが“テニミュ”に真っ直ぐに挑む姿を、ぜひ劇場で目撃してほしい。

「ジャンプフェスタ2017」ネルケトークステージ_テニミュ7

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs六角 大阪公演は、12月30日(金)から1月8日(日)までメルパルクホールにて上演。その後、大阪、愛知、宮城、福岡、東京凱旋公演が行われる。

【大阪公演】2016年12月30日(金)~ 2017年1月8日(日) 大阪メルパルクホール
【愛知公演】2017年1月20日(金)~1月22日(日) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
【宮城公演】2017年1月28日(土)・1月29日(日) 多賀城市民会館 大ホール
【福岡公演】2017年2月3日(金)~2月5日(日) キャナルシティ劇場
【東京凱旋公演】2017年2月9日(木)~2月12日(日) TOKYO DOME CITY HALL

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト (C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs六角

作品情報ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs六角

青学(せいがく)9代目、始動!!

  • 公演:
  • キャスト:阿久津仁愛、宇野結也、 三浦宏規、井阪郁巳、定本楓馬、加藤将、矢代卓也、二葉 要、陽向謙斗、小早川俊輔、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP