HEADLINE

ニュース

舞台『刀剣乱舞』再演で鈴木拡樹が再び戦い続けることを誓う!再演ならではの見どころも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006213.jpg

2016年12月15日(木)に、東京・天王洲 銀河劇場にて舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)が開幕した。本作は、今年5月に上演されたストレートプレイ版の再演となる。初日前には、公開ゲネプロと囲み会見が行われ、三日月宗近役の鈴木拡樹をはじめ出演する“刀剣男士”12名が揃って登壇した。以下、刀剣男士たちのコメントを紹介。

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ公式写真_7
公式写真

◆三日月宗近役:鈴木拡樹
ゲームを原作とし、それを舞台化するということで、観てくださる皆様にとても夢を与えられる作品なのではと強く感じます。そのためにも、それぞれがキャラクターにこだわり、勉強してきたものなどが、板の上に乗ればいいなと思っています。
歴史モノといえば、たられば話がおもしろいところですが、この作品も初演と同じく「織田信長とは何者なのか?」がテーマになっていますので、歴史モノとしても楽しんでいただけるステージにしたいです。
座組としては「戦い続ける座組みであること」をテーマに、今作も戦っていきたいと思います。世の中には、様々なことで戦っている方がいらっしゃいます。その方々にとって、我々が勇気になれるように“表現”という形で戦って、皆様の心にそれを届けられたらと。千秋楽まで戦い続けることを誓って、本番に臨みたいと思います。

◆山姥切国広役:荒牧慶彦
前作でも、本当にたくさんの方々に観ていただいて、いろんな反響をいただきました。その反響を糧に再演という形で、さらにたくさんの方々に観ていただけることを光栄に思っています。僕自身も、殺陣などに自分なりの課題を科してきたので、前作との違いを観ていただけたらと思います。
舞台『刀剣乱舞』の近侍として、たくさんの主を満足させるべく務めてまいります。よろしくお願いいたします。

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ_2

◆宗三左文字:佐々木喜英
前作との違いについて、何がどう違って、どんな意味があって変わったんだろう、ということを想像しながら観ていただけると、より一層楽しめると思います。
初演からまだそんなに時間は経っていないんですけれども、またこの作品に帰ってくることができて本当に嬉しく思います。たくさんの期待を感じています。それに応えられるよう精一杯、宗三左文字として生きて、良いものをお届けしたいと思います。

◆江雪左文字:瀬戸祐介
新キャストとして江雪左文字をやらせていただく上で、髪の毛の処理に稽古日数と注意力の大半をかけてやってきましたので、ぜひ髪の毛捌きを観てください(笑)。
再演ですが、一切手を抜かずに稽古されてきたオリジナルメンバーの方たちやアンサンブルの方たちを近くで観てきました。このカンパニーが大好きです。この熱量が、お客様にも届いたらいいなと思っています。

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ公式写真_8
公式写真

◆小夜左文字:納谷健
今回、瀬戸さんが加わったことで新しい兄弟感が出ていると思いますので、左文字兄弟にも注目してもらえたらと思います。精一杯、復讐の黒き道を進んでいきたいと思います!

◆薬研藤四郎:北村諒
続投キャストに新キャストが加わったことで、新しい空気が生まれたんじゃないかなと思っています。作品全体としてもパワーアップしていますし、織田信長の元にあった刀たちの関係性や、織田信長に対する思いも深まっていますので、そこに注目してもらえたら嬉しいです。
観に来ていただいた皆さんには、全力で楽しんでいただきつつ、隅々まで観ていただけたらいいなと思います。お待ちしております!

◆へし切長谷部:和田雅成
再演ではありますが、前作よりも研ぎ澄ますべく稽古に挑んできました。パワーアップしたものを、しっかり主の皆様にお届けできるように務めてまいります。最良の結果を主に!

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ_3

◆不動行光:椎名鯛造
個人的には、この作品は“不動行光の成長物語”だと思っているので、ぜひ、皆が笑顔の時に不動行光がどういう顔をしているかなども、観てもらえたら嬉しいです。DVDでは映らないようなところまで観ることができるのが、舞台の醍醐味だと思うので。
ただ純粋に、皆さんが好きな『刀剣乱舞』という世界観を楽しんでいただければと思います。

◆一期一振:廣瀬大介
僕がおすすめする見どころは、不動行光の健気さ、鯛ちゃん(椎名)の熱量、ヒデ様(佐々木)の真剣必殺の3つです(笑)。新しいキャストが入り、新しい殺陣もついているので、初演を超えられるような作品にしていきたいなと思います。

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ公式写真_9
公式写真

◆鯰尾藤四郎:杉江大志
このお話は織田信長の刀のお話が中心になっていますが、一期一振と鯰尾藤四郎、僕たち二人がいただいた原作通りのシーンにも注目してもらえたらと思います。多くの方に応援されている作品ですので、その期待に応えたいです。

◆燭台切光忠:東啓介
初演を観ていただいた方にも、今回初めて観る方にも、おもしろい作品に仕上がっていますので、初演との違いや変化に気づいていただければ嬉しいです。
特に、鶴丸国永役の健人が加わって、軍議のシーンがよりおもしろくなってくるんじゃないかと(笑)。僕自身の軍議の絡み方や殺陣もお楽しみいただければと思います。

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ_4

◆鶴丸国永:健人
初演を拝見させていただいたんですけれども、その時に感じた“ゾクゾクした気持ち”をさらにパワーアップさせて、お客様に楽しんで頂きたいなと思います。殺陣なども、より鶴らしく舞えるように稽古をしてきました。あとは・・・軍議です(笑)!お客様に驚きの結果をもたらせるように、がんばっていきたいです。

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ公式写真_10
公式写真

刀剣男士たちが次々に口にしたように、初演の内容がさらにパワーアップした仕上がりになっている。次々と繰り出される殺陣ではそれぞれの個性に磨きがかかり、前回大きな話題を呼んでいた軍議シーンでは、初演があったからこその楽しさが詰まっている。それ以上に、刀剣男士たちの関係性や心の奥に秘めた思いが次第に露呈していく様は、より一層ドラマ性を深めていた。

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ_6
公式写真

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)は、12月15日(木)から12月30日(金)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演。その後、福岡、大阪を巡演する。日程の詳細は以下のとおり。

【東京公演】2016年12月15日(木)~12月30日(金) 天王洲 銀河劇場
【福岡公演】2017年1月7日(土)・1月8日(日) アルモニーサンク 北九州ソレイユホール
【大阪公演】2017年1月12日(木)~1月17日(火) 大阪メルパルクホール

舞台『刀剣乱舞』再演公開ゲネプロ_5

(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP