エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

藤田貴大、青柳いづみ&豊田エリーで『ロミオとジュリエット』を二人の少女の物語に

006163.jpg

(イラスト:ヒグチユウコ)

藤田貴大が演出する『ロミオとジュリエット』が、2016年12月10日(土)から12月21日(水)まで東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される。マームとジプシーを主宰する藤田はこれまでにも、今日マチ子の漫画を舞台化した『cocoon』や、野田秀樹作の『小指の思い出』、寺山修司の代表作を大胆に再構築した『書を捨てよ町へ出よう』など話題作を多数手掛けてきたが、古典作品演出はこれが初となる。

『ロミオとジュリエット』と言えば、男女の悲恋を描いた傑作戯曲だが、藤田はこれを二人の少女の物語に置き換え「なぜ少女たちが悲劇的な結末を迎えなければならなかったのか」という過程を二人が死に至る場面から5日間を“逆再生”で構築し、新たな切り口で物語を紐解いていく。

ロミオ役を演じるのは、マームとジプシーに旗揚げから参加し、少女性のある存在感を放つ青柳いづみ。ジュリエット役は、オーディションで選出され本作が初舞台となる豊田エリー。このほか、パリス役は川崎ゆり子、マキューシオ役は菊池明明、ティボルト役は尾野島慎太朗が務める。

藤田貴大演出『ロミオとジュリエット』は、12月10日(土)から12月20日(水)まで東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 006163.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る