HEADLINE

ニュース

山崎賢人主演『里見八犬伝』全キャスト解禁!青木玄徳、玉城裕規、和田雅成らが八犬士に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006092.jpg

再び山崎賢人が主演を務め、2017年4月から5月にかけて全国12ヶ所で上演されることが決定したスペクタクル時代劇『里見八犬伝』。2012年、2014年の脚本・演出をさらにブラッシュアップし、新たな作品に進化するこの作品に出演する追加キャストが、早くも明らかとなった。注目の八犬士には、山崎のほか、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史が決定した。配役は以下のとおり。

◆出演
犬塚信乃役 山崎賢人
犬山道節役 青木玄徳
犬川荘助役 玉城裕規
犬田小文吾役 和田雅成
犬江新兵衛役 西銘駿
犬坂毛野役 松島庄汰
犬飼現八役 荒井敦史
犬村大角役 丸山敦史

浜路役 青野楓
左母二郎役 栗山航
ゝ大法師役 松田賢二
玉梓役/伏姫役 比嘉愛未

玉城、荒井、丸山は2014年版にも出演しているが別役での出演、同じく2014年版にも出演している松田は同役を続投。また、西銘は本作が初舞台となる。前回、白石美帆が演じた八犬士の最大の敵となる玉梓役と物語の鍵を握る伏姫役は、今回も比嘉が二役で演じる。

知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)たちが出会い、立ちはだかる怨霊集団を戦いの末を打ち滅ぼしていくという、滝沢馬琴原作の壮大な歴史ドラマに、新たな八犬士が立ち向かう。

『里見八犬伝』は、2017年4月15日(土)・4月16日(日)に原作(『南総里見八犬伝』)の故郷である千葉県館山市の南総文化ホールで開幕し、東京公演は4月18日(火)から4月24日(月)まで文京シビックホールにて行われる。その後、大阪・高松・高知・長崎・福岡・金沢・広島・愛知・青森・仙台の全国計12ヶ所を巡演予定。日程は以下のとおり。館山公演・東京公演のチケット一般発売は、1月28日(金)より開始。

◆公演スケジュール
【館山公演】4月15日(土)・4月16日(日) 南総文化ホール
【東京公演】4月18日(火)~4月24日(月) 文京シビックホール
【大阪公演】4月29日(土)・4月30日(日) 梅田芸術劇場 メインホール
【高松公演】5月3日(水・祝) レクザムホール
【高知公演】5月5日(金・祝) 高知県立県民文化ホール
【長崎公演】5月7日(日) 長崎ブリックホール
【福岡公演】5月10日(水) 福岡サンパレス
【金沢公演】5月13日(土) 本多の森ホール
【広島公演】5月16日(火) 広島文化学園HBGホール
【愛知公演】5月20日(土)・5月21日(日) 刈谷市総合文化センター
【青森公演】5月24日(水) リンクステーションホール青森
【仙台公演】5月27日(土) 東京エレクトロンホール宮城

※山崎賢人の「崎」は「大」の部分が「立」が正式表記

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP