HEADLINE

ニュース

加村真美やフォンチーが出演する演劇×レストラン!劇メシ『なんでもないトマトなのに』開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006023.png

2016年11月20日(日)に東京・GOBLIN.千駄ヶ谷にて、「劇メシ」episode.04『なんでもないトマトなのに』が開幕した。「劇メシ」とは、“演劇に気軽に触れてほしい”という思いから始まった企画で、演劇×レストランというライブ体験を融合させた五感で楽しめるリアルエンターテイメント。今年7月以降、定期的に開催されている。

第4弾となる今回は、脚本をえのもとぐりむが書き下ろし、演出を私オムが手掛け、なんでもない晩餐が、一人の少女の死をめぐる復讐劇を展開。

出演は、岩手県のご当地アイドルとして活動中に“1000年に二人目の美少女”として話題を集め、今年女優活動を本格化させた加村真美、元アイドリング!!!メンバーのフォンチー、JJ 専属モデルの近藤カコなど、13名のキャストがレストラン空間を舞台に、お芝居を繰り広げる。

【あらすじ】
とあるレストランに集まった7人の男女。その席に、調理されていないトマトの乗った皿が次々と置かれていく。店のコックが口を開く。
「目の前に置かれたトマトを食べずにいることができれば、あなた方の勝ちです」
その一言をきっかけに、なんでもない晩餐だったはずが、一人の少女の死をめぐる復讐劇へと変わっていく。
「誰が彼女を殺したのか。そいつが死んでくれるなら、他の人たちは許してあげても良いですよ」

【出演】
横大路伸、加村真美、フォンチー、佐々木仁、荒川泰次郎、吉田俊大、木村竜也、K-SUKE、今井由希、SaUrI、西村彩有里、近藤カコ、木下桜

ステージレスの360度の演劇を、ぜひ体験してみてほしい。

「劇メシ」episode.04『なんでもないトマトなのに』は、11月20日(日)から11月26日(土)まで東京・GOBLIN.千駄ヶ谷にて上演。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP