HEADLINE

ニュース

『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表!一路真輝が「命懸け」で作ったトート再び!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表

三井住友VISAカードpresents『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』の開催決定にともない、11月4日(金)に都内で制作発表記者会見が行われ、構成・演出・訳詞の小池修一郎、演出の中村一徳、そして出演者の一路真輝、麻路さき、姿月あさと、彩輝なお、春野寿美礼、水夏希、大鳥れい、白羽ゆり、龍真咲、凪七瑠海が登壇した。本作は、宝塚歌劇団で1996年の初演以来、幾度も上演されてきた大ヒットミュージカル『エリザベート』の日本上演20周年を記念して行われるもので、トート役、エリザベート役の出演者たちが20年分の思いを熱く語った。

『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_2

1992年にウィーンで初演されて以来、世界各国で上演が続けられている大ヒットミュージカル『エリザベート』。日本では、1996年に一路を中心とする宝塚歌劇団雪組にて初演された。その後、現在まで8回の再演を重ね、今や宝塚の代名詞の一つともいえる大人気作となっている。

今回の公演では、出演者が扮装しコンサート形式で本編を上演する「フルコスチュームバージョン」、1996年雪組公演の出演者による「モニュメントバージョン」、歴代出演者が競演する「アニヴァーサリーバージョン」の3バージョンが上演される。

『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_3

初演時から演出を手がける小池は、「音楽がすばらしく、そして、日本人がハプスブルク家が好きなど、この作品が長く愛されている要因はたくさんあると思いますが、(脚本家の)ミヒャエル・クンツェの発想が宝塚歌劇にピッタリであったんだと思います。宝塚の戦後のヒット作といえば、『虞美人』『ベルサイユのバラ』『エリザベート』と言えると思いますが、どれも王朝が滅びるときに、王妃が、美女が、妃が関わるというパターンで、それにピッタリと当てはまっている」と、『エリザベート』が人気を博す要因を分析。本公演については「円熟味を増したものになる」と自信をのぞかせた。また、中村も「アンサンブルまで魅力的なメンバーが揃っておりますので、当時を懐かしんでいただくと同時に、メンバーの魅力溢れるものになるよう力を合わせて頑張ります」と意気込んだ。

『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_4

『エリザベート』を「命懸けで作った」と力強く語る一路は、自身の演じるトートという役どころについて「宝塚の男役が一番出る役がトートだと思いました。“青い血が流れている”という歌詞がありますが、それをメインに冷たいトートを作りました」と話し、初演当時を振り返った。一方、麻路はトート役について「歌が中心のミュージカルということで、そこが一番苦労しました」と明かし、本公演に対しては「大好きなトートを頑張って演じたい」と語った。

『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_5

『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_6

また、姿月は「当時の衣装がそのまま残っていて、本当にすごい作品だと思っています。一公演一公演、大事に演じたい」、彩輝は「成長を感じさせられる作品。役に向き合い、掘り下げて大切に演じたい」、春野は「先輩や先生方が苦労して作り上げた土台を大切にしながら、今自分が表現できることを歌に注ぎ込んでお聞かせしたい」、水は「トート役は特殊メイクがとても楽しく、今回、特殊メイクできるのがとても嬉しいです。全てを出して命懸けで演じたい」とコメント。

『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_7

『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_8

さらに、大鳥は「龍さんとご一緒していると、彼女のキラキラには敵わないと感じます。だから、私は哀愁と経験を出して演じたい」、エリザベート役とルキーニの二役を演じることになる龍は「両役ともに、楽曲のエネルギーに負けないようにしっかり演じたい」、白羽は「この作品に宝塚時代に出会えたことは人生の財産だと感じています。卒業したからこそ出た重みが出たらいいなと思います」、凪七は「エリザベートを演じてから7年半経ちました。今回、新たな気持ちで挑戦したいです」とそれぞれに本作への思いを語った。

三井住友VISAカードpresents『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』は、12月9日(金)~12月18日(日)に大阪・梅田芸術劇場メインホール、2017年1月8日(日)~1月20日(金)に東京・Bunkamuraオーチャードホールで上演。

(取材・文・撮影/嶋田真己)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP