HEADLINE

ニュース

『薄桜鬼SSL』斎藤一を主人公に再び舞台化!出演は宮城紘大、山田ジェームス武、中尾拳也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005897.jpg

恋愛アドベンチャーゲーム 「薄桜鬼~新撰組奇譚~」のスピンオフ作品として発売された「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」が、2017年春に再び舞台化することが決定した。「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」では、物語の舞台が幕末から現代日本に移され、男子ばかりの「私立薄桜学園」に入学した唯一の女生徒・雪村千鶴を中心に、部活や友情、勉強、そして恋愛といった青春ラブコメディが繰り広げられる。

本シリーズは、2015年9月にTVドラマとして放送され、その後12月に舞台化。2016年2月に映画化され、全国公開された。今回の舞台化は、ゲームで不動の人気を誇る「斎藤一」にスポットを当てた完全新作ストーリーが展開する。脚本・演出は、前作と同じく菅野臣太朗が担当。

主役の斎藤一役は、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンで観月はじめを演じた宮城紘大に決定。教頭の土方歳三役は舞台「黒子のバスケ」の高尾和成役や舞台『黒蝶のサイケデリカ THE STAGE』の緋影役で知られる山田ジェームス武、沖田総司役は2017年2月に斬劇『戦国BASARA 関ケ原の戦い』への出演が控える中尾拳也。

この他、藤堂平助役として樋口裕太、原田左之助役として浜田陽平、風間千景役として北村健人、雪村千鶴役として高橋紗妃が出演する。

『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE STAGE ROUTE 斎藤一』

舞台『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE STAGE ROUTE 斎藤一』は、2017年4月21日(金)から4月30日(日)まで東京・シアターサンモールにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP