エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

世界初の太鼓独奏者として活躍する林英哲がソロコンサートを開催

005898.jpg

太鼓集団「佐渡・鬼太鼓座」や「鼓童」の創設に関わり、世界初の太鼓独奏者として新たな世界を切り拓いてきた林英哲が、2016年で演奏活動45周年を迎えた。それを記念し、11月1日(火)に東京・サントリーホールにてソロコンサート『風の宴2016~夢のひと刷毛(はけ)~』を開催する。

前例のない20数分の長大な太鼓ソロでクライマックスを飾った1987年の『風の宴』から29年。今回は、ソロ活動最初期からの盟友でパーカッショニストの高田みどりを迎え、“振り返ればひと刷毛で描いた夢のような 45年の太鼓の旅”を、独奏中心に繰り広げる。

林英哲のソロコンサート『風の宴2016~夢のひと刷毛(はけ)~』は、11月1日(火)に東京・サントリーホールにて開催。

(林英哲/撮影:サイトウリョウ)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 005898.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る