エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~中国公演の詳細発表!国内公演のキャスト続投

005799.jpg

2017年にシリーズ初の海外公演を行うことが報じられていたミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~。その製作発表が、2016年10月12日(水)に公演を行う中国 上海・虹橋芸術センター(正式名称:虹橋芸術中心)にて行われ、詳細が明らかとなった。同劇場は、日本で製作する2.5次元ミュージカルの中国公演用上演劇場としての使用が予定されており、本作がこけら落とし公演となる。

今回の上海公演には、11月27日(日)まで行われる国内公演に出演している加州清光役・佐藤流司、大和守安定役・鳥越裕貴、和泉守兼定役・有澤樟太郎、堀川国広役・小越勇輝、蜂須賀虎徹役・高橋健介、長曽祢虎徹役・伊万里有の刀剣男士6名をはじめ、近藤勇役・郷本直也、土方歳三役・高木トモユキ、沖田総司役・栩原楽人、アンサンブルキャスト、スタッフがすべて続投。

公演は日本語での上演となるため、中国語の字幕が表示される。チケットは、日本国内では当日引換券のみ販売。前売販売は、ローソンチケットにて2016年10月30日(日)12:00より開始される。詳細は、公式ホームページにてご確認を。

ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~【上海公演】は、2017年1月13日(金)から1月15日(日)まで中国 上海・虹橋芸術中心にて上演される。

(C)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 005799.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る