HEADLINE

ニュース

浦井健治デビュー15周年の軌跡を辿る初ソロ・コンサート『KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~Wonderland~』ライブレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005770.jpg

2016年9月29日(木)に東京・東京国際フォーラム ホールAにて浦井健治の初ソロ・コンサート『KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~Wonderland~』が開催された。デビュー15周年を迎えたミュージカル界のプリンスによる初ソロ・コンサートとあって、チケットは即完売。開催前に、浦井が「大切なミュージカルへの想い、そしてこの15年間の様々な想いをぎっしりと詰め込んだコンサートにしていきます!」と力強く意気込みを語ったように、歌やダンス、さらに彼がこれまで関わってきた作品や演じた役と再会できるような演出などが盛り込まれ、充実の内容となった。

浦井健治ソロコンサート_2

コンサートは、浦井の「たった一夜のライブですが、15年間を振り返りながら、皆さんとかけがえのない時間を過ごしたい。楽しみましょう!」という言葉と共にスタート。一曲目として、8月にリリースされた初のソロアルバム「Wonderland」にも収録されている曲で、浦井自身が作詞した「彼方へ」をしっとりと歌い上げる。次に、再演も決まったミュージカル『王家の紋章』より「ファラオとして」には、バックダンサーとして加賀谷真聡が参加し、会場は一気に熱気に包まれた。

MCで浦井は、超満員となる約5,000人の観客を前に大興奮のトークを展開。テンションMAXでそれぞれの作品での思い出を語り、その一言一言に観客は大いに沸いた。さらに浦井から、今回のコンサートでは「頭の中で各作品のイメージをしながら聴く」という“脳内コスプレ”をしながら聞いてほしいというお願いが。曲中でも、舞台上の大画面モニターに、浦井が各作品に出演していた当時の映像が映し出され、観客の想像力を後押し。変幻自在の歌声に、観客は酔いしれた。

浦井健治ソロコンサート_5

続く「9人のお気に入り」(『タイトル・オブ・ショウ』より)からは、ゲストボーカルのAKANE LIVと照井裕隆が登場し、コンサートのボルテージはますますアップしていく。浦井は歌だけでなく、「Shakalaka Baby」(『ボンベイドリームス』より)や「One Night In Bangkok」(『CHESS THE MUSICAL』より)では、AKANE LIVと照井のバックダンサーになりキレのあるダンスを披露。

浦井健治ソロコンサート_4

さらにコンサートが進むと、初ミュージカル出演となったミュージカル『美少女戦士セーラームーン』シリーズや、俳優デビュー作である『仮面ライダークウガ』の思い出を語ると共に、それぞれからのナンバーである「Tuxedo Versus」と「青空になる」を熱唱。古くからのファンには堪らない構成だ。

浦井健治ソロコンサート_6

アンコールでは、会場全体がおもちゃ箱をひっくり返したようなファンタジーな空間へと明るく煌めき、白い衣装に着替えた浦井と5,000人のファンが一つになり、ライブは最高潮に!そして、2017年2月に上演予定のミュージカル『ビッグ・フィッシュ BIG FISH』より日本初公開となる新曲「Stranger」をいち早く披露。また、2015年に人気を博したミュージカル『デスノート The Musical』の再演決定がサプライズとして発表され、会場は歓喜に沸いた。

浦井健治ソロコンサート_3

バラエティに富んだ曲を全て歌い終えた浦井。大きな拍手に「大好きだよ!」と応え、キラキラとした瞳と笑顔で深く一礼し、ステージを後にした。記念すべき初ソロ・コンサートは大成功。浦井が去ったあとも、観客たちは惜しみない拍手を送り続けていた。

■『KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~Wonderland~』セットリスト
M1 「彼方へ」・・・「Wonderland」より
M2 「ファラオとして」・・・『王家の紋章』より
M3 「デスノート」・・・『デスノート The Musical』より
M4 「君住む街で」・・・『マイ・フェア・レディ』より
M5 「9人のお気に入り」・・・『タイトル・オブ・ショウ』より
M6 「完璧な恋人」・・・『シラノ』より
M7 「If I Loved You」・・・『回転木馬』より
M8 「Closer Than Ever」・・・『ボンベイドリームス』より
M9 「Shakalaka Baby」・・・『ボンベイドリームス』より
M10 「One Night In Bangkok」・・・『CHESS THE MUSICAL』より
M11 「The Arbiter」・・・『CHESS THE MUSICAL』より
M12 「どうやって伝えよう」(『ロミオ&ジュリエット』より
M13 「宝塚BOYSメドレー」・・・『宝塚BOYS』より
a「すみれの花咲く頃」
b「モン・パリ」
M14 「Tuxedo Versus」・・・『美少女戦士セーラームーン』より
M15 「シャルル・メドレー」・・・劇団☆新感線『ZIPANG PUNK ~五右衛門ロックⅢ』より
a「ジュヴ・ジュヴ」
b「派手好きが世界を救う」
M16 「クウガ・メドレー」・・・『仮面ライダークウガ』より
a「仮面ライダークウガ!」
b「青空になる」
M17 「ミッドナイト・レディオ」・・・『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』より
M18 「The Day After That」・・・『蜘蛛女のキス』より
M19 「Anything For Him」・・・『蜘蛛女のキス』より
M20 「闇が広がる」・・・『エリザベート』より
M21 「サラへ」・・・『ダンス オブ ヴァンパイア』より
M22 「いまは子どものままで」・・・『二都物語』より
M23 「ぼくわかしこくなりたい」・・・『アルジャーノンに花束を』より
M24 「The Journey Home」・・・『ボンベイドリームス』より

<アンコール>
M25 「Color Of Dream」・・・「Wonderland」より
M26 「Stranger」・・・『ビッグ・フィッシュ BIG FISH』より
M27 「今日のわたしに」『王家の紋章』より

(取材・文/櫻井宏充)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP