エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』新作公演は松尾芭蕉と河合曽良が主役でオモカワイイ?!

005762.jpg

増田こうすけによる人気ギャグ漫画を舞台化した『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』の新作公演が、2017年2月に上演されることが決定した。本シリーズは2015年9月に初舞台化し、2016年4月には『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味』として再演。再現性の高い登場人物や原作の人気エピソードを上手くリンクさせた内容で人気を博した。

新作公演のタイトルは、『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~』。脚本・演出は、これまでと同じくなるせゆうせいが手掛け、異なる設定の原作エピソードと登場キャラクターたちを絶妙に絡み合わせたオリジナルストーリーとして作り上げる。

そして主役となるのは、原作の人気キャラクターである「松尾芭蕉」と「河合曽良」。松尾芭蕉役は阿部丈二、河合曽良役は小笠原健が演じる。二人は、前作にも同キャラクター役としてゲスト出演している。このほかにも、原作の人気エピソードから厳選されたキャラクターたちと、曲者揃いの出演者が続々発表予定だ。

会場となるラフォーレミュージアム原宿で、『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』が“オモカワイイ”旋風を巻き起こす!

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄ランウェイ編~』は、2017年2月15日(水)から2月21日(火)まで東京・ラフォーレミュージアム原宿にて上演される。チケットは2016年12月中旬より一般発売開始。11月上旬には公式先行も予定されている。

(C)増田こうすけ/集英社
(C)「舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 005762.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る