エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

今度は劇団!秋元康、松浦勝人とタッグを組み劇団をプロデュース

005731.jpg

秋元康が、劇団をプロデュースすることが発表された。これまで、AKB48グループ及びその公式ライバルである乃木坂46や欅坂46のプロデュースをはじめ、楽曲の作詞やTV番組の企画構成、ドラマ脚本など様々なエンターテインメントを仕掛けてきた秋元だが、劇団をプロデュースするのはこれが初めて。演劇や歌、ダンスを中心とする劇団となる予定で、2017年2月には都内劇場で秋元のオリジナル脚本・演出で旗上げ公演を実施予定とのこと。

発表にあたり、秋元からコメントが届いている。

◆秋元康
旧来から親交があった松浦勝人(※エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長CEO)から、新しいプロジェクトの依頼があり、二人で話し合った結果、劇団を作ろうという話になりました。役者志望の方々を全国から募集し 「やってみなきゃわからない」という挑戦的な気持ちをコンセプトに劇団を発足いたします。

劇団員の募集は、10月31日(月)まで。募集対象は15歳以上の男女で、自薦、他薦ともにエントリー可能だ。劇団員決定の発表は、12月に行われる予定。詳細は公式ホームページにてご確認を。
オーディション特設ページ:http://avex-audition.jp/gekidan

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 005731.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る