HEADLINE

ニュース

小澤亮太、宮下雄也らが熱演!“恋”がたっぷりつまった『光の光の光の愛の光の』ゲネプロレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005729.jpg

2016年9月28日(水)に東京・CBGKシブゲキ!!にて、『光の光の光の愛の光の』が開幕した。本作は、劇団「ロロ」の三浦直之の代表作であり、2010年に『LOVE』として初演、2012年に『LOVE2』としてリメイクされている。今回、さらに改題し、出演者に小澤亮太、秋月三佳、土屋シオン、カネコアヤノ、金井成大、山内優花、重岡漠(青年団)、板橋駿谷(ロロ)、望月綾乃(ロロ)、宮下雄也を迎え、プロデュース公演として上演される。

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_8

(以下、物語の内容と配役に触れています)

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_2


物語の中では、いくつもの恋が描かれる。片想いだったり、両想いだったり、その形は様々だ。起きたら、ケーブルが生えていて、身体が光る女の子になってしまったアイコ(秋月)。それは、友人の八月(カネコ)に手紙を届けにきた幸治(小澤)に一目惚れしたからだった。

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_3

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_4

八月に手紙を書いたのは、200年生きる鉄(宮下)。好きにはなれないと言われ続けても、ずっと片想いしてきた鉄だったが、ついに八月に「彼氏ができたの」と、ジュージ(金井)の存在を告げられた。鉄の親友だった十六(板橋)は、死んでも鉄の恋を応援し続け、成仏できずにいる。

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_5

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_7

ハルオ(土屋)とエリィ(山内)はお互いを大切に想い幸せの絶頂にあったが、夕(重岡)という謎の男につけ狙われ、ハルオは「死」を宣告される。同時に、エリィの姿が見えなくなり、離れ離れになってしまう。追い詰められたハルオだったが、自転車(望月)と出会い・・・。

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_6

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_11

真っ白な舞台に、白い衣装を身にまとった登場人物たちの個性が光る。“ボーイミーツガール”の物語に一風変わった設定や名前が冠せられているが、そこにあるのは、ひたすらに“ピュア”な想いだ。何かを「好きだ!」と思った、あの瞬間。ぱっと目の前が輝くような、あの感覚。それには「恋」とか「愛」とか、いろんな名前があるけれど、その気持ちはどこか一方通行で、底知れぬパワーを秘めている。

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_9

照明が創り出す美しい光景の中で、小澤が愛を叫ぶあまり“とある状態”になってしまったり、宮下が大真面目におもしろい動きをしていたり、土屋が感極まり○ってしまうなど、俳優たちの個性がたっぷりと味わえるシーンも満載だ。また、シンガーソングライターでもあるカネコの歌声も少しだけ聴くことができる。

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_12

そして、三浦の選び出したコトバは、どれも純粋で美しい。
「好きって、生まれることしかなくて、一回生まれた好きは、絶対に死なないの」
現在進行形でも過去の思い出でも、“好き”という感情が残り続けるように、この作品も観た人の記憶の中で光を放ち続けるのではないだろうか。

『光の光の光の愛の光の』公開ゲネプロ_10

キティエンターテインメント・プレゼンツ『光の光の光の愛の光の』は9月28日(水)から10月2日(日)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演。

(文/エンタステージ編集部)

光の光の光の愛の光の

作品情報光の光の光の愛の光の

劇団「ロロ」の三浦直之の『LOVE』を改題し、プロデュース公演として上演! 繋がらなさすぎる片思い群像劇。

  • 公演:
  • キャスト:小澤亮太、秋月三佳、土屋シオン、カネコアヤノ、金井成大、山内優花、重岡漠、板橋駿谷、望月綾乃、宮下雄也

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP