HEADLINE

ニュース

良知真次、栗原類、多和田秀弥らでトニー賞受賞作『Take me out』を日本初上演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005720.jpg

2016年12月に東京と兵庫にて『Take me out』が上演される。本作は、アメリカの劇作家リチャード・グリーンバーグによる作品で、2003年のトニー賞で演劇作品賞、演劇助演男優賞、演劇演出賞を受賞。日本での上演は、これが初めてとなる。

演出は藤田俊太郎が手掛け、翻訳は小川絵梨子が担当する。出演は、数多くのミュージカルに出演する良知真次をはじめ、栗原類、多和田秀弥、味方良介、小柳心、渋谷謙人、Spi、章平、吉田健悟、竪山隼太、田中茂弘。

『Take me out』キャスト_2

物語は、人気・実力ともに兼ね備えたメジャーリーグのスター選手、ダレン・レミングの衝撃的な“とある告白”から動き出す。華やかなメジャーリーガーたちの関係を捉えながら、そこに渦巻く閉鎖的な実情に焦点を当て、シニカルさとコミカルさの混ざり合った展開を見せる。

また、東京公演では二方面から見ることのできるセンターステージが設けられ、観客自身もまるで球場内のロッカールームにいるかのような臨場感が味わえるという。

『Take me out』は、12月9日(金)から12月21日(水)まで東京・DDD AOYAMA CROSS THEATER(DDD青山クロスシアター)にて、12月23日(金・祝)・12月24 日(土)に兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて上演される。東京公演のチケットは、10月2日(日)より一般発売開始(兵庫公演は発売中)。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP