HEADLINE

ニュース

映画版『真田十勇士』中村勘九郎が史上最大級の「800人・三三七拍子」で大ヒットを確信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005693.jpg

映画と舞台を同時期に公開&上演という、映画界・演劇界にとって史上初の試みとなった『真田十勇士』。2016年9月22日(木・祝)に、ついに映画版『真田十勇士』が全国公開された。公開初日には、主演・猿飛佐助役の中村勘九郎、霧隠才蔵役の松坂桃李、火垂役の大島優子に加え、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健の十勇士メンバー、さらに加藤雅也、石垣佑磨、大竹しのぶ、そして本作の監督を務めた堤幸彦の総勢15名の豪華ゲストが東京・丸の内ピカデリーに集結。観客約800人とともに公開を祝った。

映画『真田十勇士』初日舞台挨拶_2

舞台挨拶直前には、勘九郎、松坂、大島、加藤雅也、大竹が真田軍を引き連れ有楽町の街に突如出現するサプライズも。居合わせた人々はあまりにも突然のことに驚きながらも、『真田十勇士』だと気づき歓声が上がり、キャスト陣も笑顔で声援に応えていた。舞台挨拶が行われる映画館では、その模様がスクリーンに中継されており、ゲストが揃って登壇すると会場のボルテージは一気にMAXに!そんな熱い熱気の中、舞台挨拶はスタートした。

映画『真田十勇士』初日舞台挨拶_3

本作の撮影時は過酷なロケが多数あり、苦楽を共にした仲間と初日を迎え、主演の勘九郎はとても感慨深い様子。「今日こうして大勢の方々が観に来て下さったことが本当に嬉しいです。キャストとスタッフともども過酷な状況で撮影をしていたので、それがやっと花咲きましたね」と喜びを語った。

映画『真田十勇士』初日舞台挨拶_5

今回、本作の重要なテーマの一つでもある“絆”の強さを改めて実証するため、撮影の合間にもやっていたという加藤和樹考案の早口言葉に全員でチャレンジ。お題の「あぶりカルビ」という言葉を聞くと、お馴染みのお題のようで「あぁ~」という声が漏れていた。緊張感漂う中、真田親子を演じる加藤雅也と望月がつまづきそうになるのを乗り越え、チャレンジは無事成功し、撮影後も変わらぬ“絆”の強さを証明した。

また本作ではアクションのみならず、淀殿が幸村に、火垂が才蔵に抱く“秘めた想い”も作品のスパイスとなっている。実際に“秘めた想い”を抱いてしまうほど魅力的なキャラクターは誰かを女性二人に聞くと、大竹は即答で真田大助役の望月の名前を挙げた。「撮影の時はもっと小さかったのに、いつの間にかこんなに大きくなって・・・」と15歳とまだ初々しさ残る望月に大竹が歩み寄り、「どんな役者さんになりますか?」と質問すると、突然のことに「・・・がんばります!」と答えるのが精一杯の望月。そんなほほえましいやり取りに、会場からはあたたかい笑い声が起こった。

映画『真田十勇士』初日舞台挨拶_4

一方、大島は「どうしたらいいの?(笑)」と悩み、意中の人の肩を叩く方法を選択。最終的には堤監督に相談し、身構える男性陣を横目に大竹にハグをした。「ご一緒できてすごく嬉しかったんです」と伝えつつ、「大竹さんが目の前で寝ているところを観察する時間がとても楽しかったです(笑)」とユニークな撮影の裏話まで明かし、大竹からは「そんな褒め方あるんだ(笑)」とツッコまれていた。また、堤監督は「舞台から始まり、ここまでこれたこと、本当に幸せに思います。同時に舞台も再演していて、舞台と映画、それぞれ楽しめるものになったと自負しています。全国の皆さんにご覧いただければと思います」とメッセージを送った。

映画『真田十勇士』初日舞台挨拶_6

最後には、勘九郎の音頭のもと史上最大級の「800人・三三七拍子」を実施。大ヒットを予感させる見事な締めくくりで舞台挨拶は終了した。

映画版『真田十勇士』は、大ヒット公開中。

(C)2016『真田十勇士』製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP