HEADLINE

ニュース

大迫力の忍術バトル!ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」、東京に再び参上だってばよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005457.jpg

2016年7月30日(土)から8月7日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演されたライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」。その東京公演が、8月13日(土)に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて幕を開けた。初演から約1年、特殊演出のパワーアップや音楽の一新、新たな登場キャラクターとなるロック・リーの参戦などさらなる進化に挑み、開幕から好評を博している本作。世界を熱狂させたスペクタクルショーの模様をレポート。

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」東京公演ゲネプロ_2

本作は、累計発行部数が全世界で2億冊を超える、岸本斉史による大人気漫画「NARUTO-ナルト-」(集英社 ジャンプ コミックス刊)が原作。2015年3月から6月にかけて行われた前回の公演は、東京・福岡・大阪・宮城の国内4都市に加え、マカオ・マレーシア・シンガポールの海外3都市で上演されたが、今回もワールドツアーとして、上海、杭州、北京、長沙、広州、深センの中国6都市で公演が予定されており、世界中で“NARUTO”旋風を巻き起こしている。

その世界観は、緻密で斬新な演出と、漫画から飛び出してきたような再現度の高いキャラクタービジュアルにより、見事に舞台上で再現されている。大阪公演の初日を迎えた際に、ナルト役の松岡広大が「再演を行うにあたり、パワーアップをしなければいけないと思っていたのですが、1年経ち、カンパニー全体も成長したと思っています」と意気込みを語ったように、2.5次元ミュージカルとしての完成度はさらに高まりを見せていた。

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」東京公演ゲネプロ_3

ストーリーは、原作の第一部である少年編のエピソードをベースとしながら、ナルトとサスケの話を中心にアレンジされている。そのため、すでに話の展開を知っている原作やアニメのファンでも新鮮な気持ちで観ることができるだろう。

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」東京公演ゲネプロ_4

そして「NARUTO-ナルト-」の魅力と言えば、迫力ある忍術バトル。ナルトの“影分身”や“螺旋丸”、カカシとサスケの“千鳥”、その他のキャラクターたちが繰り出す忍術の数々をプロジェクションマッピングと小道具で表現。さらに、我愛羅の砂を使った忍術には巨大な布が使用され、これも圧巻の一言。アクロバティックな数々のアクションと、忍術バトルのコンビネーションにより、“ライブ・スペクタクル”の名にふさわしい作品となっている。また、随所で披露されるダンスもストーリーを遮ることなく、プロジェクションマッピングなどの映像表現と相まってテンポ良く楽しむことができる。

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」東京公演ゲネプロ_5

初演からさらに完成度を高めたライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」。原作では少年編に続く物語として描かれている青年編以降の舞台化も期待したくなる出来栄えだ。世界中で巻き起こる“NARUTO”旋風をぜひお見逃しなく。

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」は、8月28日(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。

※深センの「セン」は、土(つちへん)に「川」

(C)岸本斉史 スコット/集英社 (C)ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2016

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

(文/エンタステージ編集部)

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」(再演)

作品情報ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」(再演)

世界に感動の渦を巻き起こした伝説の作品が、 特殊演出のパワーアップや音楽の一新など、さらなる進化に挑む!!

  • 公演:
  • キャスト:松岡広大、佐藤流司、伊藤優衣、須賀健太、君沢ユウキ、平川和宏、市瀬秀和、木村達成、内田朝陽、今村美歩、藤木かおる、小林辰也、加藤諒、飯山裕太、植田慎一郎、高橋紗妃、佐藤祐吾、やまだしげき、高橋里央、知念紗耶、正宗雄太、白崎誠也、寒川祥吾、宮川連、梅垣義明、悠未ひろ

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP