HEADLINE

ニュース

知英、岡幸二郎、平方元基ら登場!ミュージカル『スウィート・チャリティ』製作発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル『スウィート・チャリティ』製作発表

2016年9月23日(金)から、東京・天王洲 銀河劇場にてブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティ』が上演される。『スウィート・チャリティ』は、1966年にブロードウェイで上演され、1968年にはシャーリー・マクレーン主演で映画化もされた大ヒットミュージカル。ヒロインのチャリティ役は、本作が舞台初挑戦・初主演となる元KARAの知英が務める。

そして上演に先駆け、8月7日(日)に東京・セルリアンタワーにて製作発表が行われた。本作のプロデューサーである松田誠が司会を務め、出演者の知英、平方元基、岡幸二郎、上演台本・演出・振付の上島雪夫、音楽監督の玉麻尚一が登壇。それぞれ意気込みを語った。

登壇者のコメントは以下のとおり。

ミュージカル『スウィート・チャリティ』製作発表_2

◆知英
「ミュージカルは女優を始めた時からの夢でした。こんなに早く実現できるとは思わなかったのでとても嬉しいです。初めてミュージカルに挑戦するので不安ばかりでどうすればいいか分からない状態ですが、先輩方に教えていただき頑張っていきたいと思います。まだ歌稽古が始まったばかりで、今はセリフを覚えるので頭がいっぱいですが、毎日歌を聴いたり『スウィート・チャリティ』の映画を観てどういう風に自分が演じられるかをイメージしています」

ミュージカル『スウィート・チャリティ』製作発表_3

◆岡幸二郎
「このお話をもらった時、実は別の役だと思っていたんです。それがまさか真面目な会計士という役が回ってくるとは、こんな不真面目な恰好をした・・・、これはちなみに私服です。コンビニに行く時の私服です(笑)。知英さんのような素晴らしい方と共演させていただいて、今回知英さんは初舞台・初ミュージカルだそうなので、これで嫌いにならないように私達がうまい具合にサポートしながら楽しい舞台にしていきたいなと思っております。良い舞台になるように頑張りたいと思います」

ミュージカル『スウィート・チャリティ』製作発表_4

◆平方元基
「(出演が)決まった時に楽曲を聞かせていただいたら、とてもポップでどこか懐かしいような、心揺さぶられる音楽なので今からとてもワクワクしています。僕の役は、世界的に有名で人気がある映画スターなのですが、今日は岡さん(の私服)に負けているので、本番までには華やかさで負けないように頑張っていかなきゃいけないなと思っております。ぜひ成長のほどをお楽しみください」

ミュージカル『スウィート・チャリティ』製作発表_5

◆上島雪夫(上演台本・演出・振付)
「ずっと追いかけていたボブ・フォッシーの作品に関われることは幸せです。知英さんを歌って踊らせることが今から楽しみでしょうがない。先日のセリフの稽古で、『スウィート・チャリティ』は一度舞台に出たらずっと舞台にいることに気がついて、“大変だけど絶対頑張る”と言った知英さんは、本作にとても合ってる。岡さんをはじめとする周りの出演者は、日本のミュージカル界のトップレベルの歌い手とダンサーを集めたので、ブロードウェイ版に引けをとらない『スウィート・チャリティ』になると僕自身ワクワクしています」

ミュージカル『スウィート・チャリティ』製作発表_6

◆玉麻尚一(音楽監督)
「僕は30年ミュージカルばかりやっていまして、『スウィート・チャリティ』は初めてなんですが、この作品は若い世代から、懐かしいなと思う人にも見ていただける作品だと思います。特に1960年代のミュージカルは一番変わろうとしていた頃で、今のポップスにすごく近いものを取り入れようとしていて、その音楽をまた今の人たちに親近感の湧く音楽にしたいなと思っております。普段舞台を観ない方にも観ていただきたいミュージカルにしようと思います」

ミュージカル『スウィート・チャリティ』製作発表_7

ブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティ』は9月23日(金)から10月2日(日)まで、東京・天王洲 銀河劇場にて上演される。

Photo by LESLIE KEE

(文/エンタステージ編集部)

スウィート・チャリティ

作品情報スウィート・チャリティ

天才演出・振付家ボブ・フォッシーの代表作!愛さずにはいられない物語

  • 公演:
  • キャスト:知英、平方元基、坂元健児、黒須洋壬、原田薫、ジェニファー、岡幸二郎、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP