HEADLINE

ニュース

最初で最後?!長澤まさみがミュージカル初挑戦!『キャバレー』演出は松尾スズキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005418.jpg

2017年1月から2月にかけてミュージカル『キャバレー』の上演が決定し、主演を長澤まさみが務めることがわかった。長澤は、これがミュージカル初挑戦となる。上演台本・演出を手掛けるのは松尾スズキ。松尾は2007年にも同作を松雪泰子主演で手掛けており、今回の約10年ぶりの上演は、新演出になるという。

本作は、ヒトラー政権が台頭し始める時代を背景に、ドイツ・ベルリンのキャバレー「キット・カット・クラブ」のデカダンなショーと、歌姫サリーをはじめとする人々の恋物語を描いた傑作ミュージカル。1966年、ハロルド・プリンスによりミュージカル化され、1972年には映画化。日本では1982年に初上演された。

『キャバレー』上演決定_2

上演決定にあたり、松尾と長澤からコメントが届いている。

◆松尾スズキ(上演台本・演出)
長澤まさみさんは、この度のキャバレーに向けて「なんでもやります!」と、言い切りました。その心意気にとことん乗っかり、「なんでも」の向こう側が、ミュージカルというエンタメの世界であり、お互いに覗けたら、それを幸せと感じたく思います。

◆長澤まさみ(サリー・ボウルズ役)
ミュージカルへの出演は今回が初めてなのですが、また一つ女優として新たな一歩を踏み出してみたく、挑戦することにしました。以前から松尾さんの舞台に出ることが夢だったので、演出を受けられることが今から楽しみです。経験豊かな共演者の皆さんにも助けてもらって、すばらしい公演になることを期待して進んでいきたいです。不安やプレッシャーもありますが、何よりも楽しんで、より多くのお客様に松尾版『キャバレー』を観ていただきたいです。

『キャバレー』上演決定_3

出演は、長澤のほか、石丸幹二、小池徹平、小松和重、村杉蝉之介、平岩紙、秋山菜津子、片岡正二郎、花井貴佑介、羽田謙治など。

『キャバレー』は、2017年1月に東京・EX THEATER ROPPONGIにて上演される。その後、神奈川、大阪、宮城、愛知、福岡にて公演を行う。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP