HEADLINE

ニュース

ケラリーノ・サンドロヴィッチの昭和三部作・完結編『陥没』、井上芳雄ほか豪華全キャスト決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和三部作・完結編『陥没』キャスト

2017年2月に東京・Bunkamuraシアターコクーンにて上演される、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)作・演出の“昭和三部作・完結編”。そのタイトルが、『陥没』に決定した。『東京月光魔曲』(2009年上演)、『黴菌』(2010年上演)と、昭和のそれぞれの時代の東京をモチーフとした前2作から7年の時を経て上演される本作は、第1回東京オリンピックを目前に控えた1963年頃の東京を舞台とした作品だ。

さらに今回、上演決定とともに出演が発表されていた井上芳雄、小池栄子に続き、全キャストも明らかとなった。

出演が決定したのは、10月開幕の舞台『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』への出演が決定している瀬戸康史、現在放送中のドラマ『水族館ガール』で主演を務める松岡茉優、大河ドラマ『真田丸』の板部岡江雪斎役が記憶に新しい山西惇、5・6月上演の舞台『8月の家族たちAugust:Osage County』での好演も話題となった、KERA主宰の劇団「ナイロン100℃」の犬山イヌコ、近年、『あさが来た』などドラマへの出演が続く山内圭哉。現在、舞台『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』に出演中の近藤公園。舞台『アルカディア』で好評を得た趣里、11月に開幕する主演舞台『キネマと恋人』が控える緒川たまき。また、“昭和三部作”への出演経験があるキャストとして、2作とも参加している山崎一、『黴菌』から続いての登場となる高橋惠子と生瀬勝久。総勢13名の豪華キャストが集結した。

わずかな年月で敗戦から復活を遂げたこの国が、輝かしい成果を世界に示す晴れの舞台となった東京オリンピック。その熱気に乗った者、乗れなかった者・・・この作品は、それでも捨て切れないオリンピックとの因縁に翻弄される人びとの群像劇となる。

ケラリーノ・サンドロヴィッチが描く昭和三部作・完結編『陥没』は、2017年2月に 東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、同年3月に 大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。そのほかの公演情報は以下のとおり。

<公演情報>
シアターコクーン・オンレパートリー+キューブ 2017
昭和三部作・完結編
『陥没』

【作・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【出演】井上芳雄、小池栄子、瀬戸康史、松岡茉優、山西惇、犬山イヌコ、山内圭哉、
近藤公園、趣里、緒川たまき、山崎一、高橋惠子、生瀬勝久

【東京公演】2017年2月 Bunkamuraシアターコクーン       
チケット一斉発売日:2016年11月26日(土)10:00~
【大阪公演】2017年3月 森ノ宮ピロティホール

■最新情報は下記オフィシャルサイトにて順次公開
Bunkamura:http://www.bunkamura.co.jp
キューブ:http://www.cubeinc.co.jp

(文/エンタステージ編集部)

陥没

作品情報陥没

昭和のそれぞれの時代の東京をモチーフにケラリーノ・サンドロヴィッチが描く“昭和三部作”、ついに完結!

  • 公演:
  • キャスト:井上芳雄、小池栄子、瀬戸康史、松岡茉優、山西惇、犬山イヌコ、山内圭哉、近藤公園、趣里、緒川たまき、山崎一、高橋惠子、生瀬勝久

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP