HEADLINE

ニュース

『ソラオの世界』稽古場へ!西田シャトナーの幻想世界を多和田秀弥が駆け抜ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005347.jpg

演出家・西田シャトナーの自作戯曲を上演する“シャトナー of ワンダー”第4弾となる『ソラオの世界』が、2016年7月28日(木)に東京・Zeppブルーシアター六本木にて幕を開ける。ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン(手塚国光役)や『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で知られる多和田秀弥を主演に迎え、大学生のソラオが閉じ込められてしまった夢の世界を舞台上に実現する。1週間後に初日を控えた稽古場を取材した。

(以下、写真に舞台セットの様子などを含みます)

『ソラオの世界』稽古場レポート_4

『ソラオの世界』のキャッチコピーは、「この美しい世界から目覚めたくない」だ。しかし、まだ稽古場なので仮組の舞台美術に、全員ジャージとスニーカー。稽古場の床には青いビニールテープで可愛らしく雲の絵が描かれてはいるが、蛍光灯に照らされた、ただのコンクリート壁の部屋である。

『ソラオの世界』稽古場レポート_9

この日の稽古は、最初のシーンから通しながら、時々止めてはダメ出しや確認をする“止め通し”。演出の西田は「最後まで一気に通したいけど、危ないからね」と言う。舞台中央には「盆」と呼ばれる回転する舞台があり、役者はその上に飛び乗ったり、走ったりする。「なにか気づいたら、言ってね。危ないことを発見するのも大事なことなので」と西田が声をかけ、止め通しが始まった。

明るくてちょっとおバカで、愛嬌のあるソラオ。しかし、ある日昏睡状態に陥り、自分の夢から出られなくなってしまう。そこで何が起こるかわからないのは、ソラオも観ているこちらも同じ。次々と起こる不思議なことに、ソラオ役の多和田があまりに素直に驚き、恐がり、喜ぶので、その一喜一憂ぶりに思わず笑ってしまう。ソラオに感情移入し、こちらも夢の世界に迷い込んだ気になる。

『ソラオの世界』稽古場レポート_5

ソラオのバンド仲間を演じる小野健斗、平牧仁(三ツ星サラバ)、桑野晃輔も、それぞれのキャラクターが立っている。ずっと一緒に登場し、また芝居のテンポが速いので個性が出づらくなりそうだが、短い台詞のやりとりのなかでもそれぞれのキャラクターがまったく違っている。多和田を含めた4人が並んでいると、舞台が変化に富んで鮮やかになる。

一人何役も演じる他の出演者も個性豊かだ。人間以外のものまで目まぐるしく演じ分け、さらにはスピーディーなキレのあるアクションや美しい歌声で、幻想的な世界観を支える。中央の盆がくるくると回り、効果音が鳴り響く。その動きと音に合わせて役者が動き回ることで生まれる疾走感がすごい。テンポが良いので、深く考える間もないほど引き込まれて、口を抑えて笑ってしまう。

『ソラオの世界』稽古場レポート_7

『ソラオの世界』稽古場レポート_6

若さと勢い溢れるテンポ良いシーンが続く。そのところどころに、ベテランの加藤啓と、“シャトナー of ワンダー”出演皆勤賞の村田充が登場すると、空気が引き締まる。

「はい、ここまで」。ストップの声がかかると、西田が稽古場を歩き回り、出演者各自に気になった箇所を伝えていく。「あのシーンはこう動いて」と指示するより、「こういう方法とこういう可能性があると思うけど、どう?」と、役者にいくつかの選択肢を与えることが多い。「どっちがオモロいか、観てみないとわからんなあ」と言いながら、役者本人の意見やアイデアを引き出していく。

『ソラオの世界』稽古場レポート_3

ダメ出しを受けていない役者は、ストレッチをしたり、他の出演者と打ち合わせをする。「俺がこう動くから、こうしてみるとどうだろう?」と、互いに案を出し合う。また、それまで盆を回していたり、効果音を出していたりしていた各スタッフが、それぞれ役者と動きのタイミングを確認する。稽古場のそこかしこに、一緒にひとつの作品を作ろうとする光景がある。西田が役者に伝える声が聞こえた。「どうやって音響や効果と合わせるのか、互いにやりとりがあって初めて、いい芝居になる。それがクリエイティビティ」。

『ソラオの世界』稽古場レポート_2

演出席には、舞台美術の模型が置かれていた。ブルーを基調とし、ソラオの顔が描かれたセットだ。西田は「どんな舞台にしようかといろんなパターンのラフ画を描いた結果、こんな美術ができあがったんですよ」と嬉しそうに教えてくれた。今までに数回上演されている『ソラオの世界』だが、今回は全編にわたり手を加えたと言う。過去上演とはまた違う一作になりそうだ。

『ソラオの世界』稽古場レポート_10

「この美しい世界から目覚めたくない・・・」。そんな後ろ髪を引かれる気持ちで、この日は稽古場を後にした。ただのコンクリートの稽古場だったのに、役者が動き、音が鳴ると、そこは夢のような幻想的な空間だった。照明や美術などの舞台効果が加われば、きっと今はまだ想像もつかない美しい空想世界に行けるに違いない。

『ソラオの世界』稽古場レポート_8

そして、チラシのタイトル下にはこう記されている。・・・“Good Morning, Sollao”。
ソラオは「目覚めたくない」と願い続けるのか、それとも「おはよう」と目を開くのか。美術・音・照明らが揃った空間で、ソラオの夢世界を共に旅し、行く末を見届けた頃には、自分のいる世界が夢か現実なのかわからなくなっているかもしれない。

シャトナー of ワンダー#4『ソラオの世界』は、7月28日(木)から7月31日(日)まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演される。

(取材/河野桃子)

(文/エンタステージ編集部)

シャトナー of ワンダー#4『ソラオの世界』

作品情報シャトナー of ワンダー#4『ソラオの世界』

この素晴らしい世界から、目覚めたくない―。 空想世界の果てを行く、SHATNER of WONDERの次なる旅は、孤独なソラオの、永遠の一夜を描く冒険譚。

  • 公演:
  • キャスト:多和田秀弥、小野健斗、平牧仁、桑野晃輔、はねゆり、久下恭平、瑛、千綿勇平、西原健太、三岳慎之助、加藤啓、村田充

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP