HEADLINE

ニュース

米原幸佑と谷口賢志が再びタッグを組む!『七夕ジャンクション~昭和篇~ 「探偵遊戯と優しいウソ」』8月上演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005328.jpg

2016年8月3日(水)より『七夕ジャンクション~昭和篇~「探偵遊戯と優しいウソ」』が東京・銀座 博品館劇場にて上演される。本作は、2015年7月に上演された『七夕ジャンクション』のシリーズ作品。前作で、江戸を舞台に宿命の戦いを繰り広げた蔦屋重三郎(米原幸佑)と山城長明(谷口賢志)が昭和の時代に転生。「探偵」と「詐欺師」という関係になり、新たな物語を展開する。

蔦屋重三郎が転生した探偵・蔦屋平九郎役を米原幸佑、山城長明が転生した詐欺師・山城麻司役を谷口賢志が演じる。その他の出演は、田上真里奈、松本寛也、加藤真央、祁答院雄貴、花梨、横山真史、奥平富美香、中村桜子、橋本顕、知久継道、石坂勇、秋本奈緒美。

前作と同じく、脚本は米山和仁、演出は滝井サトルが手がける。

【あらすじ】
蔦屋平九郎は、港とビルと工場と、少しの緑と住宅があるこの街で、探偵業を営んでいた。
昼は探偵事務所、夜はライブハウスになる「蔦屋探偵事務所」。閑古鳥が鳴く事務所のドアを、ある日1人の少女がノックする。蔦屋は、彼女の顔を見るやいなや、20年前の出来事を思い出す。
高校時代、校舎の隅にあった音楽準備室に居を構えた「探偵倶楽部」のこと。そして、あの男。人を騙す天才“山城麻司”のことを・・・。
過去と現在が交差し、紡ぎ出されるのは、織り姫と彦星の切ない恋の物語と、友と過ごした淡い日々。
少女の暗号により、「探偵倶楽部」が20年の時を超え再び集結!巨悪を欺く大芝居を打つことになるのだが・・・。

『七夕ジャンクション~昭和篇~「探偵遊戯と優しいウソ」』は、8月3日(水)から8月7日(日)まで東京・銀座 博品館劇場にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP