HEADLINE

ニュース

三浦春馬が美しすぎるヒール姿を披露!ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』稽古場レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005213.jpg

2013年のトニー賞でミュージカル作品賞をはじめ6部門を受賞する快挙を成し遂げたブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が、日本人キャストによって7月21日(木)より東京・新国立劇場 中劇場を皮切りに大阪・オリックス劇場、東京・東急シアターオーブと巡演される。また、6月30日(木)には都内スタジオにて公演に先駆けた公開稽古が行われた。

本作は、経営不振に陥った老舗 靴工場の跡取り息子チャーリー(小池徹平)とドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)の出会いと、靴工場をドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生させる軌跡がシンディー・ローパーのパワフルなオリジナルソングに乗せて描かれる。

『キンキーブーツ』稽古場_3

この日公開された場面は、チャーリーがブーツ作りを決意するシーンと試作ブーツにローラがダメ出しをするシーンで、楽曲「Step One」「Sex Is In The Heel」が披露された。チャーリー役を演じる小池は、ハツラツとした演技で希望に燃える青年を熱演。一方ローラ役の三浦は、ヒールを鳴らして颯爽と現れ、試作ブーツへの容赦ない指摘をチャーリーに浴びせ、セクシーなダンスと歌でブーツのあり方を示唆。小池と三浦の絶妙なやりとりを垣間見ることができた。

『キンキーブーツ』稽古場_4

公開稽古後に行われた囲み取材では、小池と三浦、靴工場で働く若手社員を演じるソニンが登壇。小池は稽古の状態について尋ねられ「いい感じに進行していて、全体像も見えてきました。これからもみんなで切磋琢磨して、より良い日本バージョンの『キンキーブーツ』を届けられるようにがんばります」と意気込んだ。また、作品の魅力について尋ねられた三浦は「『受け入れれば自分は変われる』というテーマをビシッと楽しく伝えてくれて、シンディー・ローパーさんが作る楽曲は何日も頭のなかで鳴るほど良い。音楽とテーマをたくさんの人に観てもらいたい」と熱弁。

ブロードウェイ版を観劇している三浦は「2013年に初めて『キンキーブーツ』を観てから、もし日本でオーディションがあったら絶対出演したいと思っていた」と告白し、本作の見どころでもある衣装のブーツについて「ダンスもさることながら歩行が難しく、家でもブーツを履いて練習していた」と本作にかける情熱を明かした。

『キンキーブーツ』稽古場_5

三浦の堂に入ったヒール姿について、ソニンは「今回私自身がセクシー担当ではないので、セクシーは完全にローラに任せています(笑)。憧れるほど美しいし、身長も高いので迫力がある。もう開いた口が塞がらないほどセクシーなんですよ」と絶賛。小池も「ローラとの絡みが多い役なので、触られる度にハッとなりますね(笑)」とはにかみ、報道陣の笑いを誘った。

小池の座長としての振る舞いについて聞かれた三浦が「みんなのことを実は見てくれていて、僕には『余計なことを考えず、体の力を抜いてがんばれ』と優しい言葉をかけてくれた」と明かすと、小池は「恥ずかしいこと言うね・・・(笑)」と照れ笑いを浮かべ、ソニンは「そんな二人の熱い語らいを私はちょっと遠目で見ています(笑)」と頬杖をつくポーズをしてみせた。

『キンキーブーツ』稽古場_2

また、小池は三浦との初共演について「初めてな感じがしません」と語り「お互い全く違う役どころなのですが、共に苦楽を楽しめています。チームワークはバッチリですよ」と仲の良さをアピール。

最後に小池が「順調に稽古は進んでいます。これから一層素晴らしい作品になるようがんばりますので、ぜひ劇場でご覧いただければ嬉しいです」と意気込み、囲み取材を締めた。

10月から11月にかけては、ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』来日版の公演も決定している。両作の違いを観て楽しむのも良いだろう。

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』日本版は、7月21日(木)から8月6日(土)まで東京・新国立劇場 中劇場にて上演される。その後、大阪公演、東京凱旋公演を行う。日程は下記のとおり。

◆ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』日本版
【東京公演】7月21日(木)~8月6日(土) 新国立劇場 中劇場
【大阪公演】8月13日(土)~8月22日(月) オリックス劇場
【東京凱旋公演】8月28日(日)~9月4日(日) 東急シアターオーブ

◆ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』来日版
【東京公演】10月5日(水)~10月30日(日) 東急シアターオーブ
【大阪公演】11月2日(水)~11月6日(日) オリックス劇場

(文/エンタステージ編集部)

キンキーブーツ

作品情報キンキーブーツ

シンディ・ローパーが全曲作詞作曲!2013年のトニー賞で6部門を受賞する快挙を成し遂げた話題作が、日本人キャストで遂に初上演!

  • 公演:
  • キャスト:小池徹平、三浦春馬、ソニン、玉置成実、勝矢、ひのあらた、飯野めぐみ、白木美貴子、施鐘泰(JONTE)、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP