HEADLINE

ニュース

パフォーマンスカンパニー「to R mansion」×光と闇の照明演出家パスカル・ラージリの日仏国際コラボレーション!『The Wonderful Parade』開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005130.jpg

2016年6月22日(水)より東京・こまばアゴラ劇場にて日仏共同企画舞台公演『The Wonderful Parade』(ザ・ワンダフルパレード)が上演される。本作は、2007年に結成され世界各国での上演実績を持つパフォーマンスカンパニー「to R mansion」が、フランス演劇界の巨匠フィリップ・ジャンティと長年創作をともにしてきた照明演出家パスカル・ラージリを招聘し、創り上げるまったく新しいステージアート作品。

to R mansion『The Wonderful Parade』_2

1999 年よりフィリップ・ジャンティ・カンパニーの創作に携わってきたラージリは、2016年にフランスの演劇賞モリエール賞を受賞している、「闇の演劇」技術の第一人者。「闇の演劇」とは、ブラックボックスの中で起こる人間の目の錯覚、視覚の不完全性を利用したトリックに基づく空間で、人やオブジェが突如現れたり、消えたり、眼や口などの身体の一部だけがひとりでに動き出す・・・といった不思議な事象を舞台上に起こすことができる。

to R mansion『The Wonderful Parade』_3

「to R mansion」とラージリの出会いは、2014 年に開催されたフランス領ギアナでの児童演劇祭だったという。演出家、ワークショップ講師として訪れていたラージリと「to R mansion」主宰の上ノ空はなびは、お互いのショーを称賛し、意気投合。日本では観る機会のない「闇の演劇」という手法の中での、ダイナミックでユーモア溢れる「to R mansion」の世界を日本のお客様に届けたいという思いから、今回の企画が生まれた。

to R mansion『The Wonderful Parade』_4

今回の公演でも、シアトリカルマイム、ダンス、マジックなどあらゆるジャンルの身体表現、視覚的な豊かさとユーモア溢れるファンタジックなステージアートが繰り広げられる。まるでだまし絵の世界に迷い込んだような、大人も子どもも楽しめる、笑いと驚きいっぱいの不思議な物語を、ぜひ劇場で楽しんでほしい。

『The Wonderful Parade(ザ・ワンダフルパレード)』は、6月22日(水)から6月26日(日)まで東京・こまばアゴラ劇場にて上演される。

※無断転載禁止※

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP