HEADLINE

ニュース

第70回トニー賞振付賞!ブランケンビューラーが手がけるミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』今夏上演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005083.jpg

今夏、トニー賞で注目を集めた二人のクリエイターが手がけるミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』が日本で上演される。本作は、『オペラ座の怪人』、『キャッツ』などを生み出した作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーの原点とも言える初期作品。その振付を手がけているのが、今アメリカでもっとも話題の振付家、アンディ・ブランケンビューラーだ。

関連記事:【結果まとめ】第70回トニー賞授賞式 受賞作品・受賞結果

第70回トニー賞にて、ロイド=ウェバーは『スクール・オブ・ロック』の作曲でオリジナル楽曲賞にノミネート。ブランケンビューラーも『ハミルトン』の振付でノミネートされ、みごと振付賞に輝いた。本作では、そんな話題の二人のコラボを日本で観ることができる。

ロイド=ウェバーとブランケンビューラーは、今年8月にブロードウェイで開幕する『キャッツ』再演に続くコラボレーション。ロイド=ウェバーの処女作に、ブランケンビューラーが新風を吹き込んだ。

ブランケンビューラーの振付は、ストリート、タップ、バレエなど様々な要素を含み、小気味よいステージングで、作品を鮮やかに魅せる。そして、この新バージョンの最大の見どころはフィナーレの「メガミックス」!ブランケンビューラーの“作品が進むにつれてすべてのキャラクターを好きになり、もっと長く彼らといたいと思ってほしい”という想いから、本作に使用される楽曲を約8分間ハイライト的に歌い踊る。

関連記事:石丸幹二がミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』の応援サポーター就任!

ミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』は、2016年7月13日(水)から24日(日)まで、渋谷・東急シアターオーブにて上演。ブロードウェイ最先端の演出とダンスを日本で楽しめる、またとないチャンスをお見逃しなく。

(C)Daniel A. Swalec

(文/エンタステージ編集部)

ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート

作品情報ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート

『キャッツ』『オペラ座の怪人』等で知られる作曲の巨匠、アンドリュー・ロイド=ウェバーと『ライオンキング』の作詞家ティム・ライスのコンビによる、大人から子供まで誰もが楽しめるミュージカル!

  • 公演:
  • キャスト:ジェーシー・マッカーン、ローラ・ヘルム、マーク・シミワーツ、ジョー・ヴェントリチェッリ、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP