HEADLINE

ニュース

風間俊介「この夏最高の思い出に!」『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』公開稽古レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

005004.jpg

今年で発売から30周年を迎えた国民的RPG「ドラゴンクエスト」(以下、「DQ」)をベースにした、日本初のオリジナルアリーナショー『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』がこの夏、全国5大アリーナで開催される。上演に先駆け、2016年5月30日(月)に都内で「丸わかり説明会&公開稽古」が行われ、本作の一端に触れることができた。出演者の松浦司と風間俊介、演出の金谷かほりの挨拶と併せて稽古場の様子を紹介しよう。

関連記事:『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』アリーナ役・中川翔子インタビュー!「一緒に冒険の伝説を作りましょう!」

公開稽古の前には「丸わかり説明会」が行われ、演出の金谷から本作のセットを模型やパネルを使った説明があった。金谷曰く「観客全員に配布されるリストバンドを使って、会場全体で物語を展開させるシーン」や「登場人物が観客に話しかけその対応によって物語が進行する」など、観客を巻き込んだ仕掛けがふんだんに用意されているとのこと。

『ドラゴンクエストLST』公開稽古レポート_9

また物語のベースは「DQ3」となっているが、シリーズの主要キャラクターも登場することや、エクストリームマーシャルアーツの第一人者やポールダンス日本大会チャンピオンなど、さまざまなジャンルの一流パフォーマーが集結することなどが明らかとなった。

なお、本公演においては“名前”が大事なテーマになるらしく、金谷は「名前というのは世界中の人が持っているものですが、それは誰かが自分につけてくれたもの。『DQ』の世界でも勇者に名前をつけるのはプレイヤーで、その名付けられた名前で勇者は物語の中を生きていきます。それが、現実と同じで共感できるところであると感じ、名前をこのストーリーの核にすることを思いつきました」と、本作のテーマを力強く語った。

『ドラゴンクエストLST』公開稽古レポート_5

その後の公開稽古では、まず、ショーの冒頭に当たる「DQ」シリーズの主人公が総登場するシーン。その中から「DQ3」の主人公が竜の女王(高橋洋子)に導かれ、壮大な冒険の幕が開ける。

続いて、主人公の勇者(松浦)、剣士・テリー(風間)、おてんば姫・アリーナ(中川翔子 ※取材日は欠席のため代役)、元山賊・ヤンガス(田尻茂一)、一発芸の達人・パノン(田中精)。この5人のパーティーが魔物たちに襲われた村を救いにくるという場面。稽古では地面の上でアクションが行われているが、本番ではワイヤーを使ってビュンビュン飛びながらアクションが繰り返されるそうだ。

『ドラゴンクエストLST』公開稽古レポート_6

ヤンガス役:田尻茂一

『ドラゴンクエストLST』公開稽古レポート_10

パノン役:田中精

その次に公開されたシーンは、アレフガルドに辿り着いた勇者たちが、ゾーマの城への行きかたを村人に尋ねる場面。パーティーがいよいよ深遠な闇に近づいている、ものものしい雰囲気が印象的だった。

ラストには、闘技場のシーンが公開された。ゲームの中ではモンスター同士が戦ってそれに賭けたりするサブ的な場面であるが、今回は物語中に何度か登場するそう。

『ドラゴンクエストLST』公開稽古レポート_7

公開稽古終了後、風間は「いろいろなお仕事をさせていただいた中で、本当に一度もやったことないもの、自分自身が一度も見たことないものを日々作っているという実感があります。再演もしたいと思っていますが、この夏だけの一発花火になる予定です。見に来てくださる方にとっても、僕にとっても、この夏最高の思い出になることでしょう」とハツラツと語り、主人公を演じる松浦は、「 見に来てくださった皆さんが僕の動きを見て、“僕は君で、君は僕”みたいに気持ちをリンクできる勇者になれるよう、現在修行中です。アリーナで皆さんにこのショーを見せられるのが本当に楽しみです」と意気込みを見せる。

関連記事:夢を具現化する超一流クリエイターたち!『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』金谷かほり&レイ・ウィンクラーにインタビュー

演出の金谷も「ドラゴンクエスト30周年という記念すべき年に、技術的に誰もやったことないようなセットで、誰もやったことない展開の仕方で、ドラゴンクエストの物語を作るということに責任を感じています。終演後“ここに集まったことに何か意味があった”というような感動を持って帰っていただけるよう作っておりますので、どうぞ皆さんよろしくお願いします!」と呼びかけた。

『ドラゴンクエストLST』公開稽古レポート_3

途中、質疑応答では記者に扮したお笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅が乱入するというサプライズがあった。塚地は「勇者役のオーディションで松浦くんと最後まで争った塚地と申します」と会場の笑いを誘うと、「相当激しいアクションでしたが、体力的には大丈夫ですか?」と記者らしく二人に質問。それに対して松浦は「一回衣装を着させていただいたのですが、やはり暑かったので、あえて服を厚着にしたりして稽古に臨んでいます」と回答し、「好感が持て、尚且つ熱意を感じる。実に勇者らしい答え!」と塚地を唸らせた。

別の記者からは「初めて遊んだ『DQ』シリーズは?」という質問が飛び、松浦が「初めてプレイしたのは『7』。音楽がすごく印象的で、ゲームをしていない時でも、頭の中で音楽が聞こえてくるほど熱中した」と答えると、風間も「『7』は音楽が良いよね!」と松浦に同調。また、「ストーリーは『5』、音楽は『7』、システムは『3』が良い。僕にドラクエの話をさせたら1時間はここで話しこんじゃいますよ(笑)」と、お互いファンならではの目線で熱弁を振るった。

『ドラゴンクエストLST』公開稽古レポート_8

なお、この日は「DQ5」のヒロイン・ビアンカとフローラの追加が発表され、それぞれ富田麻帆、杉本朝陽の出演が決定した。今後も、続々と追加キャラの発表があるようだ。本番までどんなサプライズがあるのか、目が離せない。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』は、2016年7月22日(金)から7月31日(日)までさいたまスーパーアリーナ、8月5日(金)から8月7日(日)までマリンメッセ福岡、8月12日(金)から8月14日(日)まで名古屋 日本ガイシホール、8月18日(木)から8月22日(月)まで大阪城ホール、8月26日(金)から8月31日(水)まで横浜アリーナにて上演される。

※ゲームタイトルの正式な数字表記はギリシャ数字になります。

(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(取材・文/大宮ガスト)

(文/エンタステージ編集部)

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

作品情報ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

勇者は、あなただ―主役は、観客自身! 国内外のトップクリエイターが集結して贈る日本初のオリジナルアリーナショー!!

  • 公演:
  • キャスト:松浦司、風間俊介、中川翔子、芋洗坂係長、我善導、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP