HEADLINE

ニュース

打ち切りが決定したミュージカルコメディ『Galavant』、舞台で甦ることに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィニー・ジョーンズ

昨年7月より、米ABCで放送スタートしたミュージカルコメディ『Galavant(原題)』。シーズン2で打ち切りが決定してしまった本作を、舞台で甦らす企画が進行中であることが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。

関連記事:福田雄一×StarS(井上芳雄・浦井健治・山崎育三郎)が贈る!ミュージカル・コメディ番組『トライベッカ』WOWOWにて4月から放送開始!

『Galavant』は、愛する女性マダレーナを奪ったリチャード3世に復讐するため、仲間とともに旅に出たガラバント王子の冒険を描く作品だ。マダレーナを取り戻すために、王の城に乗り込んで行くガラバントの復讐をコメディタッチで綴った本作は、1シーズンが8話でシーズン2が10話と、通常のABCドラマシリーズとしては少ないエピソード数で構成されていた。ドラマ版では、ミュージカルアニメ映画『アラジン』や『美女と野獣』といった名作で、音楽を担当したアラン・メンケンが楽曲を手掛けたことでも話題となった。残念ながら視聴率が振るわず、2シーズンでキャンセルとなってしまったが、メンケンがTwitterでファンの質問に答え、本作を舞台化する意向があることを示している。

ヒュー・ボネヴィル

ドラマ版で主役ガラバントを演じたのはイギリス人俳優のジョシュア・ザッセ。日本公開作は映画『武器人間』のみで、日本での知名度は高くないが、ABCのファミリーコメディドラマ『The Neighbors(原題)』やアクション刑事ドラマ『Rogue(原題)』にも出演し、これからの活躍が期待されるイケメン俳優だ。このほかにも、プロサッカー選手から俳優に転身したヴィニー・ジョーンズ(『X-MEN:ファイナル ディシジョン』)やヒュー・ボネヴィル(『ダウントン・アビー』でグランサム伯爵役)らが出演していた。

果たして『Galavant』が、再びメンケンの手によって舞台でミュージカルとして甦ることとなるのか、続報が入り次第お伝えしていきたい。

ヴィニー・ジョーンズ (c) Jun Matsuda /HollywoodNewsWire.net
ヒュー・ボネヴィル (c) Kazuki Hirata / HollywoodNewsWire.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP