HEADLINE

ニュース

映画『プリティ・ウーマン』のミュージカルの企画が進行中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1990年に公開され世界中で大ヒットなり、主役を演じたジュリア・ロバーツを一躍スターダムにのし上げたラブコメ映画『プリティ・ウーマン』。本作をミュージカル化するプロジェクトが、2017年の上演を目指して進行中であることが明らかとなった。

関連記事:『シャーロック・ホームズ』がロンドンで舞台として甦ることに!

ウォール街きっての実業家エドワードがロサンゼルスを訪れている時に、ひょんなきっかけでコールガールのビビアンと出会い、「唇へのキスはお断り」との条件付きで1週間の契約を結ぶことに。洗練した身なりとは程遠いビビアンを変身させるために、ホテルの支配人バーニーの力を借り、見違えるようなレディに変貌を遂げたビビアン。だが契約の終了日に、エドワードから生活の援助を申し込まれた彼女は、「自分が望む幸せとは違う」と断ってしまう・・・。現代版『マイ・フェア・レディ』とも言える本作は、ロイ・オービソンが歌う主題歌「Oh,Pretty Woman」もリバイバル・ヒットとなった。

脚本は、映画版でメガホンを取ったゲイリー・マーシャル監督が、同じく映画版の脚本を担ったJ・F・ロートンとともに務め、トニー賞演出賞に二度輝いたジェリー・ミッチェルが演出を手掛けることを発表。また、カナダ出身のロックシンガー、ブライアン・アダムスと、彼と長年作曲でタッグを組んできた作詞家のジム・ヴァランスが、楽曲作りに取り組むことも決定している。

そして、ミュージカル版はそのまま映画を舞台に甦らせるのではなく、エドワードの人生背景を深く掘り下げ、バーニーとビビアンの親友キット・ド・ルカについて歌う楽曲も盛り込まれるという。オリジナル版から削除されたセリフを舞台で復活させる意向もあるようだ。

ジュリアが、大ブレイクを果たすきっかけとなったビビアン役をミュージカル版で誰が演じるのか、また、他キャストや上演劇場や公演日程など、続報が入り次第、随時お伝えしていきたい。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP