HEADLINE

ニュース

ブラッドリー・クーパーとシエナ・ミラー、舞台『フィラデルフィア物語』で再共演!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラッドリー・クーパー

第87回アカデミー賞授賞式において作品賞と主演男優賞を含む6部門でノミネートされた映画『アメリカン・スナイパー』で、夫婦役を演じたブラッドリー・クーパーとシエナ・ミラー。その二人が、ブロードウェイの舞台『フィラデルフィア物語』で再共演するのではないかと報じられている。米BROADWAY.COMが伝えた。

関連記事:『キャバレー』エマ・ストーンの後任に映画『G.I.ジョー』のシエナ・ミラーが決定!

フィリップ・バリーの小説が原作で、1940年にキャサリン・ヘプバーンとケイリー・グラント主演で映画化もされた本作の舞台は、1930年代のフィラデルフィア。上流社会の令嬢トレイシーは、石炭会社の御曹司ジョージとの結婚を控えていた。そこへ、2年前にケンカ別れをした前夫デクスターが現れ、トレイシーに未練を残す彼は、結婚式前に元妻のハートを取り戻そうと目論むのだが…。

シエナ・ミラー

二人が舞台版に出演することとなれば、ブラッドリーがデクスターで、シエナがトレイシーを演じることになりそうだ。双方ともに、脚本の読み合わせに姿を見せていたとのことで、二人がブロードウェイで再共演を果たす可能性は高そうだ。舞台版『フィラデルフィア物語』は、1939年にブロードウェイで初演され、1980年にリバイバル版の公演が行われている。

ブラッドリーは、極度の奇形で知られる実在の男ジョセフ・メリックの人生を描いた『エレファント・マン』で、メイクアップを施さずに挑み、2015年トニー賞演劇部門主演男優賞にノミネート。対するシエナは、2009年に『After Miss Julie』でブロードウェイデビューを飾り、2014年には大人気ミュージカル『キャバレー』で歌姫サリー・ボウルズを演じた。

ブラッドリーとシエナの再共演が噂されている舞台『フィラデルフィア物語』は、ラウンドアバウト・プロダクションの製作により、2017年春の上演が予定されている。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP