HEADLINE

ニュース

ミュージカル『プリシラ』山崎育三郎のドラァグクィーン姿がついに公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004796.jpg

2016年12月に東京・日生劇場にて上演されるミュージカル『プリシラ』。原作は、1994年に公開された3人のドラァグクィーンたちのドタバタ珍道中を描いたオーストラリアの同名映画で、その奇抜でオリジナリティ溢れる衣裳により「アカデミー賞衣裳デザイン賞」を受賞。2006年には待望のミュージカル版がオーストラリアにて誕生し、以降15か国以上の国にて上演されてきた。日本での上演はこれが初。この度、主演を務める山崎育三郎のドラァグクイーン姿が公開された。

関連記事:ミュージカル『プリシラ』陣内孝則、超新星のユナク、Leadの古屋敬多が追加キャストに決定

撮影では、実際に世界各地の公演で着用された衣裳が使われたという。撮影は、レディ・ガガや松任谷由実など名だたるアーティストの撮影を手がける世界的写真家で、自身も作品の大ファンを公言するレスリー・キー。合わせて、山崎ともに劇中で行動を共にする陣内孝則、ユナク(超新星)/古屋敬多(Lead)(Wキャスト)のビジュアルも公開されている。

ビジュアル公開にあたり、山崎からコメントが届いている。

◆山崎育三郎(出演)
『プリシラ』の舞台衣裳は、ゴージャスかつ華やかで、誰もが目を見張るほどインパクトがあります。この衣裳を着てメイクをしたら自然とプリシラの世界に気持ちが入り込みました。これまで色んな作品で何度も撮影して頂いているレスリー・キーさんのもと、スタジオでブロードウェイ版『プリシラ』の楽曲が流れる中、終始リラックスした気持ちで音楽に身を委ねながら撮影していきました。撮影した作品を見た瞬間、率直に綺麗と感じたと同時にこのミュージカルが成功すると確信が持てるほど、写真に説得力を感じました。
2016年最も華やかなミュージカル『プリシラ』にぜひご期待ください。

また、DIVA役はジェニファー、エリアンナ、ダンドイ舞莉花、ミス・アンダースタンディング役は大村俊介(SHUN)/ドリアン・ロロブリジーダ。マリオン役は和音美桜、シンシア役にキンタロー。、シャーリー役に谷口ゆうなが決定。ドリアン・ロロブリジーダは、実際に新宿二丁目でドラァグクィーンとして活動している。

この他の出演は、浅川文也、穴沢裕介、ICHI、大音智海、奥山寛、北村毅、高木裕和、土器屋利行、広瀬斗史輝。演出は宮本亜門。

ミュージカル『プリシラ』は、2016年12月8日(火)から12月29日(火)まで東京・日生劇場にて上演される。

撮影:レスリー・キー

(文/エンタステージ編集部)

プリシラ

作品情報プリシラ

リオのカーニバルよりスゴい!FABULOUSなドラァグクィーン達が歌い踊る アカデミー賞受賞映画のミュージカル版、待望の日本初上陸!

  • 公演: 未定
  • キャスト:山崎育三郎、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP