HEADLINE

ニュース

演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”東京公演が速攻開幕!須賀健太「役者も演出もすべてが進化」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004777.jpg

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”が、大阪公演を終え、2016年4月25日(月)より東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで幕を開けた。本作は、2015年末に上演され、連日完売と好評を博したハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」の再演。今回、初演よりさらに演出をパワーアップしての上演となっている。初日前には公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

関連記事:熱狂再び!ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”大阪公演が開幕

囲み取材には、主演の須賀健太(日向翔陽役)、木村達成(影山飛雄役)をはじめ、小坂涼太郎(月島蛍役)、三浦海里(山口忠役)、塩田康平(田中龍之介役)、橋本祥平(西谷夕役)、川原一馬(縁下力役)、秋沢健太朗(澤村大地役)、猪野広樹(菅原孝支役)、冨森ジャスティン(東峰旭役)の烏野高校男子バレーボール部のメンバー10名、そして演出を手がけるウォーリー木下が登壇し、意気込みと見どころを語った。

演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”公開ゲネプロ_2

主人公・日向役を演じる須賀は「原作の力もあり、ナマの僕らが演じることが演劇への挑戦だと思います。気持ちをつくれば勝手に身体が動いてくれる」と力強くコメント。日向のライバルの天才セッター・影山役を演じる木村は、作品について「初演よりも個々のドラマ性がより深く出ている。“王様”と呼ばれてきた影山のダークな深みを見ていただきたい」と意気込む。

再演からの参加となるキャプテン・澤村を演じる秋沢は「緊張している」と言いつつ、「これを本番で力強いエネルギーに変えて、お客様にお届けできたら」と熱い気持ちを口にした。

個々のこだわりについて、坊主でアツいキャラクターが人気の田中を演じる塩田が「今回、田中と月島の関係性を深めています」と語ると、クールな月島役の小坂も「相方である(三浦演じる)山口との関係を深めていこうとういうのはもちろん、メンバー個々との繋がりを深めようと。特に、田中との関係性を見てほしいです」と合わせる。しかし、塩田からすぐに「田中“センパイ”な!」とツッコミが入り、報道陣からは笑いが巻き起こった。

また、リベロのポジションを担当する西谷役・橋本は「ずばり、フライング(レシーブ)を見てください」とアピールした。その言葉を裏付けるように、衣装のユニフォームには激闘の証が・・・。

演劇「ハイキュー!!」“頂きの景色”公開ゲネプロ_3

菅原役の猪野は「大阪公演でたくさんの力をもらってきました。東京公演では、お客様にその力を返せるようにがんばっていきたい」と笑顔を見せ、山口役の三浦は「初演よりチームワークが深まって一体感を感じています」と、大阪公演での手ごたえの大きさも覗わせた。

また、今舞台の最大の特徴は、縁下役の川原が「見どころは?」と聞かれて真っ先に挙げた「ハイパープロジェクション(プロジェクションマッピング)」だ。映像テクノロジーを融合した表現について、烏野高校バレー部のエースを演じる冨森は「最新技術と役者の力が合わさって、とても良いものになっていると思います」と自信を見せる。

演劇「ハイキュー!!」“頂きの景色”公開ゲネプロ_4

演出の木下は「演劇は総合芸術だと思うので、スタッフ、音、光、映像、役者が全部一つになって、新しいものが作れたんじゃないかなと思います。演劇って垣根が高いと思われがちですが、あまり構えず観に来ていただけたら」と呼びかけ、最後は須賀が、「この作品は“進化”がキーワードです。役者も演出もすべてが進化を続けて最後まで駆けぬけます。よろしくお願いします!」と、明るいキャラクターの日向らしく、元気に締めくくった。

生身の人間が演じる“熱い演劇”と“最新映像テクノロジー”を高次元で融合した本作。烏野高校キャプテン澤村役の秋沢のほか、ライバル校青葉城西高校の岩泉一役に小波津亜廉、矢巾秀役に山際海斗、松川一静役に白柏寿大を新たに迎え、初演よりも各キャラクターの関係性や葛藤を深く丁寧に描いている。さらに、映像表現も新たな手法を取り入れ、さらにパワーアップ。進化した漫画×演劇×映像のハイブリッドパフォーマンスとして、新たな“頂の景色”に挑む!

演劇「ハイキュー!!」“頂きの景色”公開ゲネプロ_5

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”東京公演は、2016年4月25日(月)から5月8日(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。大千秋楽には、全国93ヶ所の映画館でライブビューイングも開催される。

また、5月9日(月)にはオリジナルサウンドトラックの一般発売が決定。9月14日(水)には、公演の舞台裏に迫るDVDハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 Documentary of "頂の景色"も発売される。

(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP