HEADLINE

ニュース

廣瀬智紀と北村諒のW座長が全力でヒメヒメ?!舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~Blu-ray&DVD発売イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004761.jpg

2015年10月から11月にかけて上演された舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~。その模様を収録したBlu-ray&DVDが、2016年2月17日(水)に発売された。本作は、舞台『弱虫ペダル』シリーズで、Blu-rayが発売されるのは本作が初。その発売を記念した購入者限定イベントが、4月10日(日)に神奈川・川崎市教育文化会館大ホールにて行われた。今回は、マスコミ公開された第2部の模様をレポートする。

関連記事:【動画】二人の男の熱き友情!舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~公開ゲネプロをチラッと見せ

この日登壇したのは、W主演を務めた巻島裕介役の廣瀬智紀と東堂尽八役の北村諒、小野田坂道役の小越勇輝、鳴子章吉役の鳥越裕貴、田所迅役の章平、金城真護役の郷本直也、真波山岳役の植田圭輔、水田信行役の桝井賢斗、糸川修作役の大野瑞生、演出・脚本を手がけた西田シャトナーの計10名。

イベントが始まる直前には、最近の“ぺダステ”DVD発売イベント時に恒例となっている“男気じゃんけん”が行われたらしく、覇者となった桝井が舞台に一人で登場し前説を始めた。しかし、あまりにたどたどしい前説に、袖からはガヤが飛んできたり、大野が自転車のパワーマイムをしながら通り過ぎたり。なんとも賑やかなイベントの幕開けとなった(ちなみに、前説をやる気満々だったと言う小越は、最後の最後で負けてしまったそう)。

「僕自身、初のW主演が嬉しくて、楽しみにしていた作品のイベントです。楽しみましょう!」と笑顔で会場に呼びかける廣瀬。北村の「作品を通して、また皆さんと過ごせることを幸せに思います」という挨拶のあと、イベントは作品を再編集したVTRからスタート。メンバーは、椅子ではなくステージに直接座り込み、会場のファンとともにスクリーンに見入る。第2部では、東堂、真波、鳴子、田所、糸川の名シーンを振り返った。

映像を振り返り、北村は「じーんときちゃう・・・」と呟いた。特に、幼馴染である糸川の走るシーンが印象に残っているといい、「修作が出てるシーンはすごく短いんですよ。でも、その密度がすごく濃い。序盤からすごく汗をかいてるし、本番も力をもらえたんです。改めて観て、素敵だなと」と大野を褒めたたえた。その大野は、これが“ぺダステ”初参加。「最初″熱量″って言葉の意味自体がよくわからなかったんです。でも、皆さんを観てると感覚的にはわかるんですけど、どうすればいいのかずっと悩んでいて。でも、最終稽古の頃にシャトナーさんに『回せ!回せ!回せ!』っていきなり言われて。その時に(“熱量”って)気持ちの問題じゃなくて身体全部で表現するものなんだなってわかったんです」と振り返った。

同じく、初参加だった章平は「いきなりの現場だったけど、やるしかないという気持ちだった」と当時の心境を語る。そんな章平について、郷本は「田所のために13キロ太ったんだよね」と明かし、会場を驚かせた。

続いては、ファンからの質問に答えるコーナー。『好きなシーンをモノマネで教えてください』というお題に、先陣を切る鳥越に続き、楽しそうにそれぞれの好きなシーンを再現していく。その中で、廣瀬はカーテンコールで「恋のヒメヒメぺったんこ」を踊る小越の跳躍力を挙げた。その場で再現しようとした小越だったが、何故かうまくできず「今、小野田じゃないからだ・・・DVD観てください(笑)」と苦笑い。代わりに、廣瀬が「一緒にやろうよ」と北村を誘い二人で全力の“ヒメヒメ”を披露することに!

この他、郷本と福富寿一役の滝川(英治)が袖でガチ喧嘩をしていたことや、小越と鳥越がだんだんと仲を深めていったエピソード、自分以外で演じてみたいキャラクターについてなどの楽しいトークを展開。

また、2日前(4月8日)に誕生日を迎えた小越を始め、鳥越(3月31日)、郷本(4月25日)、章平(4月28日)と誕生日の近いメンバーを祝うバースデーケーキが登場するサプライズもあり、大盛り上がりを見せた。

最後に、北村は「大切で思い入れのある作品はたくさんあるけど、その中でも特別な作品です。今回、(東堂と巻島のキャスト)二代目二人でW座長をやらせてもらえて、すごく感慨深い作品です。これからもDVDを、そして弱虫ペダルを愛して頂けたら」と挨拶し、廣瀬は「巻島に出会えて幸せに思っています。つらいこともたくさんありましたが、背中を押してくれたのは仲間。そしてお客さんの笑顔に支えられて、公演を成し遂げることができました。きたむー(北村)と座長をやれて光栄です。新世代も、小越勇輝を中心に動き出しました。新世代の応援もよろしくお願いします。原作の応援も、これからも一緒にしていきましょう」と締めくくった。

去り際、廣瀬と北村は、巻島と東堂のあのハイタッチのシーンを再現。会場は大きな拍手に包まれ、イベントは閉幕した。

舞台『弱虫ペダル』IR_イベント2

映像の中で、公演は永遠に続く。舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~Blu-ray&DVD(Blu-ray9,800円+税、DVD8,800円+税)は、マーベラスより発売中。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダルGR製作委員会
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、セガ・ライブクリエイション

(文/エンタステージ編集部)

舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~

作品情報舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~

  • 公演:
  • キャスト:廣瀬智紀、北村諒、太田基裕、鳥越裕貴、郷本直也、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP