HEADLINE

ニュース

多和田秀弥が挑む永遠の一夜を描いた冒険譚!シャトナー of ワンダー#4『ソラオの世界』再構築し7月上演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004718.jpg

演劇化不可能と言われる題材を次々に舞台化し、演劇界の革命児と呼ばれる西田シャトナー。その代表作のひとつである『ソラオの世界』が、SHATNER of WONDERシリーズ第4弾として上演される。「シャトナー of ワンダー」は、演劇の宇宙を冒険し続ける演出家・西田が、自作戯曲を上演するプロジェクトとして2014年よりスタート。これまでに第1弾、第3弾に『ロボ・ロボ』、第2弾に『小林少年とピストル』の公演を行ってきた。

関連記事:第3弾の模様はこちら!【動画】『ロボ・ロボ』公開ゲネプロをチラッと見せ

本作は、自分の夢の中に閉じ込められた大学生・ソラオの永遠の一夜を描く冒険譚で、これまで2009年、2010年、2011年、2013年(本公演のみ、なるせゆうせい演出)と上演されてきた。今回の上演にあたり、西田は新たに戯曲段階から再構築し全ページを改稿。テーマ・手法を磨きぬき、バージョンアップさせるという。

シャトナー of ワンダー『ソラオの世界』出演者_2

出演は、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンの手塚国光役、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(2015年~2016年)にスターニンジャー/キンジ・タキガワ役などで知られる多和田秀弥に加え、小野健斗、平牧仁、桑野晃輔、はねゆり、久下恭平・瑛(劇団番町ボーイズ☆)、千綿勇平(劇団番町ボーイズ☆)、西原健太(劇団番町ボーイズ☆)、三岳、慎之助(10神ACTOR)、加藤啓、村田充。

この素晴らしい世界から目覚めたくない―。キティエンターテインメント・プレゼンツSHATNER of WONDER #4『ソラオの世界』は、2016年7月28日(木)から7月31日(日)まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演される。チケットは、4月23日(土)12:00から5月8日(日)23:59までオフィシャルHP先行(抽選)受付。一般発売は、6月11日(土)より開始。

◆あらすじ
ある日昏睡状態に陥り、自分の夢の中に閉じ込められてしまったソラオ。
普通なら目覚めようと必死になるところだが、人一倍能天気なソラオは、どうせ目覚められないのならと、夢の中を楽しんで過ごしはじめる。
現実の世界ではテキトーだったバンド活動もメジャーデビューを果たし、現実の世界では片思いだった年上のヨルダさんとも恋人同士になり、夢の世界でソラオの生活は輝いてゆく。
だがやがて、この世界の遠い果てから、夢の主を食い殺すほどに凶暴な魔物たちが近づいてくる。それは所詮、夢の中の出来事にすぎないのか?それとも夢の中では済まされないほど恐ろしい何かの始まりなのか?
答えを知りたくないソラオは、最愛のヨルダを連れて、夢のもっと奥深く、誰も来ることのできない海の向こうの孤島へと逃げようとするのだった。果たしてソラオに目覚めの日はくるのか・・・?
我々の住んでいるこの世界も、誰かの見ている夢なのかもしれない・・・。人類の永遠の疑問をめぐる、孤独なソラオの冒険譚。

(文/エンタステージ編集部)

シャトナー of ワンダー#4『ソラオの世界』

作品情報シャトナー of ワンダー#4『ソラオの世界』

この素晴らしい世界から、目覚めたくない―。 空想世界の果てを行く、SHATNER of WONDERの次なる旅は、孤独なソラオの、永遠の一夜を描く冒険譚。

  • 公演:
  • キャスト:多和田秀弥、小野健斗、平牧仁、桑野晃輔、はねゆり、久下恭平、瑛、千綿勇平、西原健太、三岳慎之助、加藤啓、村田充

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP