HEADLINE

ニュース

イマジネーション広がる迫力の砂漠戦記!舞台『クジラの子らは砂上に歌う』開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004709.jpg

2014年4月14日(木)より東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて舞台『クジラの子らは砂上に歌う』が幕を開けた。原作は、「月刊ミステリーボニータ」(秋田書店)で連載中の梅田阿比による同名ファンタジー少女漫画。「このマンガがすごい!」2015年オンナ編において10位にランクインし、「第1回 次にくるマンガ大賞」にもノミネートされるなど、次世代ファンタジーとして注目を集めている。

関連記事:舞台『クジラの子らは砂上に歌う』赤澤燈インタビュー!「自分が演じる意味を考えて、持ち味を役に結びつけたい」

開幕に先駆け、フォトセッションに主演の赤澤燈、前島亜美(SUPER☆GiRLS)、山口大地、崎山つばさ、碕理人、佐伯大地、宮崎理奈(SUPER☆GiRLS)、大野未来、五十嵐麻朝が登場した。

リコス役を演じる前島は「(演出・脚本の)松崎(史也)さんが、稽古初日に“この作品は過去の死への肯定と、未来の死への否定、そして亡くなった人の記録や想いを背負って強く生きていく物語”とおっしゃっていたのが、すごく印象に残っています」と稽古を振り返った。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_2

オウニ役の山口は「この作品はアニメ化もされていないので、僕らが舞台上でそれぞれのキャラクターの生き様、人生を具現化しているところを感じてほしい」と語り、スオウ役の崎山は「早くお客さんに観てもらいたいと言う気持ちと、終わってほしくないという矛盾を抱えている」と明かす。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_10

主人公・チャクロを演じる赤澤は「僕はここ最近、出演する舞台の初日がほとんど雨なのですが・・・この作品の中で、雨は貴重で恵みの雨。この公演にとっても、(今日の雨が)恵みの雨となればいいなと思います」と初日の天気を自身の雨男ぶりになぞらえつつ、「一人でも多くの方に観て頂きたいのはもちろん、原作の知名度ももっと上がっていいなと感じるので、届けて、広げて、繋げていけたらと思っています」と作品への想い入れを見せた。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_8

本作では、砂が全てを覆い尽くす世界で巨大な漂泊船“泥クジラ”に乗船する住人たちの戦いを通して、感情とは?生きるとは?といった根源的な問題が抒情的に描かれる。

砂刑歴93年の漂泊船“泥クジラ”の記録係であるチャクロ(赤澤)。「外界から閉ざされた“泥クジラ”で短い一生を終える」ことを受け入れつつ、なぜ“泥クジラ”だけは砂に埋もれないのか、“泥クジラ”以外に人が住む世界はあるのか、感情を発動源とする特殊能力「情念動(サイミア)」を扱える「印(シルシ)」と呼ばれる能力者はなぜ短命なのかなど、多くの謎に興味が尽きないでいた。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_11

そんなある日、チャクロは荒廃した別の浮き島で、感情を失くした謎の少女リコス(前島)と出会う。“泥クジラ”の上以外で初めて出会った人間を多くの住人が歓迎するなか、泥クジラのリーダー的存在である長老会は「不吉の前兆」と顔を曇らせる。そしてまもなく“泥クジラ”に帝国の軍が来襲、チャクロたちの運命は一変していく・・・。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_6

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_

本作の魅力のひとつは、徐々に明かされていく“泥クジラ”の秘密だ。外界から閉ざされた“泥クジラ”での一生に虚無を感じていた住人たちは、外界からやってきた帝国軍によって自分たちのルーツがほのめかされ、結果“なぜ生きるのか”という意味を自身に問い返していく。戦いによって多くの大切な仲間を失っていくなかで、エモーショナルに問いかける登場人物の心の機微は、観る者の心の深い部分に響いてくる。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_4

また、漂泊船“泥クジラ”や、特殊能力「情念動(サイミア)」など、原作独特のファンタジックな描写に対する“演劇”ならではのアプローチも見どころだ。なだらかな砂丘を模したような舞台空間で繰り広げられる俳優の迫力ある演技や、布をアクロバティックに操るアンサンブル、世界を広げるきめ細かやかな映像。それらシンプルかつ力強い演出によって、イマジネーション豊かな舞台空間が作り出される。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_3

心優しき少年・チャクロを演じる赤澤は、その瞬間瞬間のまっすぐな感情を全身から放つ。宮崎演じる幼馴染・サミとの淡い恋模様にも注目だ。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_9

また、感情を持たなかったリコス演じる前島の表情の変化にはぐっと心引き寄せられる。印の短命を憂う次期首長のスオウ(崎山)、強大な力を持ち外の世界に出たいと願うオウニ(山口)、自警団を率いる立場ながら心の闇を垣間見せる団長(五十嵐)をはじめ、それぞれのキャラクターが役者の肉体を通し、鮮やかに立ち上がる。

『クジラの子らは砂上に歌う』公開ゲネプロ_5

原作の世界観を見事に実現し、作品の感動に立体感を持たせる“砂の世界”が、確かにそこにあった。本作は、映像化の予定がない。壮大な砂上ファンタジーを通して、“人が人らしく生きる姿”を目に焼きつけてほしい。

※映像化の予定がなかった本作だが、反響の大きさから公演終了後、急遽DVD化が決定!

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』は、2016年4月14日(木)から4月19日(火)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。

宮崎理奈の「崎」は正式には「大」が「立」の旧漢字。

(C)「クジラの子らは砂上に歌う」舞台製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

クジラの子らは砂上に歌う

作品情報クジラの子らは砂上に歌う

巨大な漂泊船を舞台にした話題の次世代ファンタジー、初舞台化! 渋谷が砂の海になる―。

  • 公演:
  • キャスト:赤澤燈、前島亜美、山口大地、崎山つばさ、碕理人、佐伯大地、宮崎理奈、大野未来、五十嵐麻朝、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP