HEADLINE

ニュース

鴻上尚史の『イントレランスの祭』開幕!風間俊介はセリフもドヤ顔でバッチリ?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004685.jpg

2016年4月9日(土)より東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて、作家・演出家の鴻上尚史による演劇プロデュースユニット・KOKAMI@network(コーカミネットワーク)第14回公演『イントレランスの祭』が開幕した。鴻上が2012年に自身が主宰する劇団「虚構の劇団」にて発表した作品を、2016年版として改訂し、新演出として上演する。その初日当日に同劇場にて公開フォトコールと囲み取材が行われ、風間俊介、岡本玲、鴻上尚史が登壇した。

関連記事:鴻上尚史の『イントレランスの祭』2016年4月上演!出演は風間俊介、岡本玲ら

会見ではまず、風間が作品について「差別や移民などの数々の社会問題を、ユーモラスに描くことによって人の心の奥に突き刺さる作品です」と説明。風間の起用について、鴻上は「『ベター・ハーフ』(2015年4月)に出演してもらった時の演技力に惚れました。だけど、途中までセリフの覚え方がアバウトなんですよ!最後にはキチンと覚えるんですが、その決めた時にドヤ顔するんですよね(笑)」と冗談を交えながら語り、岡本についても「元々ラジオを一緒にやっていて、受け答えが賢かったんです。さらに映像で演技を見て、若いのに達者な人だと思ってお願いしました」と起用の理由を明かした。

『イントレランスの祭』フォトコール_2

本作のオープニングには、ダンスが織り込まれている。そのダンスに質問が及ぶと、鴻上は、風間に対し「てっきり踊りがダメで、あの事務所の俳優部に行ったのかと思ってました(笑)」とコメント。すると、風間は「僕は踊れないわけじゃなくて、踊らないだけです!」と反論。岡本も「全員がダンスの練習している間も携帯でゲームをしているのに、合わせる頃には完璧にしてくるので、さすがだなと思いました」と風間をフォロー。しかし、稽古中にゲームをしていることを暴露してしまい、風間から「やめなさい(笑)」、鴻上も「その発言は誰得なの(笑)」とツッコミが。

『イントレランスの祭』フォトコール_3

岡本の共演について、風間は「3作目の共演で、縁がある女優さんです。気心知れているというか。今回は恋人役なんですけど、付き合って3年くらいが過ぎている設定なので、二人の間に安心感もあると思うんですよ。ドラマで10カ月間も共演していたので、その安心感を自然と作ることができました」と、NHK連続ドラマ『純と愛』(2012年)で兄妹を演じたことに触れながら語った。

『イントレランスの祭』フォトコール_4

恋人役ということで、風間のような男性はタイプか?と質問が飛ぶと、岡本は「お芝居でも仕事の相談でも、本当に頼りになるお兄さんです」と回答。「俺に男としての魅力は感じないのか~」と風間に、岡本が「今回で感じれたらいいなと思っています」と返すと、鴻上からは「それは稽古初日のコメントじゃないか(笑)!」と再びツッコミが入り、会場から笑いが起こった。

会見の最後には、風間が「今の日本と、みなさんが抱える問題が描かれている、そして観終わった後に明日からも頑張ろうという作品なので、ぜひ劇場に来て、元気をもらって帰ってください」と意気込みを語った。その発言に、最後はドヤ顔じゃないのか?と問われると、風間は「今のが僕の全力のドヤ顔です(笑)!」と締め、終始に盛り上がりを見せた会見となった。

『イントレランスの祭』フォトコール_5

KOKAMI@networkVol.14『イントレランスの祭』は2016年4月9日(土)から4月17日(日)まで東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて上演。その後、4月22日(金)から4月24日(日)まで大阪・シアターBRAVA!にて、4月29日(土)から5月6日(金)まで東京・よみうり大手町ホールにて凱旋公演が行われる。

(文/エンタステージ編集部)

KOKAMI@network vol.14『イントレランスの祭』

作品情報KOKAMI@network vol.14『イントレランスの祭』

イントレランスとは不寛容ということ。 たとえば、青い惑星に逃げ込んだ宇宙人の喜びと哀しみを想像してみる。 地球人に憧れる宇宙人と宇宙人を愛した地球人の日常と冒険を創造してみる。

  • 公演:
  • キャスト:風間俊介、岡本玲、久ヶ沢徹、早織、福田転球、藤田記子、三上陽永、田村健太郎、大高洋夫、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP