HEADLINE

ニュース

『柿喰う客フェスティバル2016』1ヶ月で代表作5作品を一挙上演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004646.jpg

若手演出家・中屋敷法仁が主宰する劇団柿喰う客が、2016年6月に『柿喰う客フェスティバル 2016』と題し、劇団の代表作5作品を一挙上演する。今年、劇団結成10周年を迎えた“柿喰う客”。演劇のさらなる発展を目指し、「10万人動員宣言」を発表し、これまでも過去作品の動画・戯曲公開や、新メンバーオーディションなどを行ってきたが、今回は“演劇を体験する”さまざまな企画を約1ヶ月かけて実施していく。

関連記事:中屋敷法仁率いる劇団柿喰う客、10周年!新メンバー6名加入&2016年の活動内容発表

『いまさらキスシーン』舞台写真
『いまさらキスシーン』舞台写真

期間中上演される作品は、大河ドラマ「真田丸」に織田信忠役として出演した玉置玲央の一人芝居『いまさらキスシーン』、柿喰う客の旗揚げ作品である『サバンナの掟』、パルコ・プロデュースで全キャスト男性のみで上演され再演を熱望されていた『露出狂』、中屋敷と俳優・矢崎広の演劇ユニット「なかやざき」で上演された『フランダースの負け犬』、「こどもと観る演劇プロジェクト」の代表作として全国で上演されている『へんてこレストラン』の5作。『フランダースの負け犬』と『露出狂』の配役は、下記のとおり。

◆『フランダースの負け犬』
ヒュンケル:牧田哲也、バラック:田中穂先ベルニウス:永島敬三、クレーゼル:大村わたる、クルック:玉置玲央、ベーム:加藤ひろたか、ビューロウ:中屋敷法仁、ヘンチュ:板橋駿谷

◆『露出狂』
御器:長尾友里花、佐反町:七味まゆ味、白峰:葉丸あすか、比留:福井夏、蔵毛:加藤紗希、蒲郡:藤咲ともみ、野宮:清水みさと、葉枝:山口ルツコ、氏川:高嶋佑香、真今井:松永渚、羽生:西村由花、香森:角島美緒、九門:太田ナツキ、宇津保:松原由希子

『サバンナの掟』舞台写真『サバンナの掟』舞台写真

『サバンナの掟』では、“演劇を愛する若い才能と出会う”ために、フルキャストをオーディションにより決定。応募条件は、旗揚げ当時の柿喰う客メンバーと同年代の16~25歳であること。応募締切は、4月16日(土)まで。開催日程は、都内某所にて4月18日(月)、4月29日(金・祝)となっている。

また、フェスティバル開幕前日に「前夜祭」、オールナイトイベント「中夜祭」、最終日のすべての上演終了後には「後夜祭」という観客・俳優・スタッフが一緒になって参加するイベントも開催。1ヶ月間、柿喰う客の魅力を存分に楽しんでほしい。

関連記事:主宰の中屋敷法仁が演出!舞台「黒子のバスケ」2016年4月開幕

『柿喰う客フェスティバル 2016』は、2016年6月2日(木)から6月26日(日)まで東京・王子小劇場にて開催される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP