HEADLINE

ニュース

三浦春馬の15cmの真っ赤なヒール姿を披露!『キンキーブーツ』ビジュアル公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004547.jpg

2016年7月から8月にかけて、東京と大阪で上演されるブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。本作は、2005年公開のイギリス映画をミュージカル化したもので、2013年にトニー賞で最多となる13部門にノミネートされ、オリジナル楽曲賞や振付賞など6部門を受賞した話題作。日本版では、小池徹平と三浦春馬が初タッグを組む。

関連記事:トニー賞6部門受賞の『キンキーブーツ』が小池徹平×三浦春馬で日本初上演!

今回発表になった新ビジュアルでは、ドラァグクイーン・ローラ役に挑む三浦が、本国ニューヨークからはるばる届いた真っ赤な“キンキーブーツ”を、実際に履いた姿を披露!妖艶な赤色が醸し出すオーラにも負けず、15cm越えの超ハイヒール“キンキーブーツ”を早くも履きこなした。

もうすでに夏の公演に向け、高いヒールを履く練習を始めているという三浦は、「去年LAで、脚を慣らすためにドラァグクィーンが履く黒の15センチヒールブーツを購入しましたが、本国からお借りした真っ赤なブーツを初めて見たときは、妖艶で且つ迫力がありました」と感想を語った。同時に、「このブーツを履くことで背丈が増すという事は、それ相応の責任が増し、高揚すると共に、身が引き締まる思いでした。ミュージカル『キンキーブーツ』の魅力を是非とも皆様に届けたい。劇場でお待ちしております」と気を引き締めたようだ。徐々に明かされる三浦のドラァグクイーン姿に期待したい。

靴工場の跡取り息子チャーリー役・小池のほか、抜群の歌唱力で舞台女優として幅広く活躍しているソニン、ミュージカル女優としてのキャリアを着実に重ねている玉置成実など、オーディションによって選ばれた魅力ある実力派俳優たちが集結。音楽は、ブロードウェイ版と同じくシンディ・ローパーが全曲作詞作曲、振付はこちらもブロードウェイ版と同じくジェリー・ミッチェルが手がける。また、日本版演出協力・上演台本を岸谷五朗、訳詞を森雪之丞が担当する。

困難な中でも自分らしく生きることの大切さを教えてくれる、笑いと感動に溢れたブロードウェイミュージカルの最高傑作!ブロードウェイミュージカル 日本人キャスト版『キンキーブーツ』は、2016年7月21日(木)から8月6日(土)まで東京・新国立劇場 中劇場にて、8月13日(土)から8月22日(月)まで大阪・オリックス劇場にて上演。なお、2016年10月には、東急シアターオーブでブロードウェイ版『Kinky Boots』の来日公演も決定している。

(文/エンタステージ編集部)

キンキーブーツ

作品情報キンキーブーツ

シンディ・ローパーが全曲作詞作曲!2013年のトニー賞で6部門を受賞する快挙を成し遂げた話題作が、日本人キャストで遂に初上演!

  • 公演:
  • キャスト:小池徹平、三浦春馬、ソニン、玉置成実、勝矢、ひのあらた、飯野めぐみ、白木美貴子、施鐘泰(JONTE)、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP