HEADLINE

ニュース

舞台『刀剣乱舞』キャラクタービジュアル第2弾で荒牧慶彦、廣瀬大介、染谷俊之が刀剣男士姿を披露!&あらすじ公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004504.jpg

2016年5月3日(火・祝)より東京・シアター1010にて上演されるストレートプレイ版 舞台『刀剣乱舞』。これまでに原作に登場したばかりのキャラクター・不動行光が舞台でも登場することや、三日月宗近をフィーチャーしたキービジュアルを発表し、大きな注目を集めてきたが、ついにキャラクタ―ビジュアル第2弾が公開になった。

関連記事:舞台『刀剣乱舞』椎名鯛造が演じるのは「不動行光」!キービジュアル&追加公演発表

舞台『刀剣乱舞』キャラクタービジュアル第2弾_三日月宗近

第2弾で公開されたのは、すでに発表になっていた三日月宗近役を鈴木拡樹のソロカット。

舞台『刀剣乱舞』キャラクタービジュアル第2弾_山姥切国広

山姥切国広役の荒牧慶彦。

舞台『刀剣乱舞』キャラクタービジュアル第2弾_一期一振

一期一振役の廣瀬大介。

舞台『刀剣乱舞』キャラクタービジュアル第2弾_鶴丸国永

鶴丸国永役の染谷俊之。

4名のキャストが、原作のビジュアルを忠実に再現した美麗な刀剣男士姿を披露している。合わせて、あらすじも明らかとなった。

【あらすじ】
西暦2205年。
歴史改変を目論む「歴史修正主義者(れきししゅうせいしゅぎしゃ)」が過去への攻撃を開始した。 対峙する時の政府は歴史の守りとして「審神者(さにわ)」なる者を過去へと派遣する。 物の心を励起(れいき)する審神者の力によって生み出された、 刀剣に宿りし付喪神「刀剣男士(とうけんだんし)」たちは、審神者と共に歴史を守る戦いへと身を投じる。 ある日、彼らの本丸に新しい刀剣男士が顕現する。
不動行光(椎名鯛造)──戦国武将・織田信長が佩用し、彼に仕えた近習・森蘭丸へと授けられることとなる一振りである。 不動行光は信長の愛刀であったことの誇りを顕わにするが、 同じく信長を元主とする宗三左文字(佐々木喜英)、へし切長谷部(和田雅成)、薬研藤四郎(北村諒)らとうまく噛み合わない。 近侍に任命された山姥切国広(荒牧)は、不動行光の参入により和の乱れた本丸を立て直そうと奔走する。

そのさなか、審神者より天正十年──織田信長が果てた歴史的事件「本能寺の変」へ出陣の命が下だるのだった。

舞台『刀剣乱舞』メインビジュアル

残るキャストのビジュアルについても、続報が入り次第お届けする。ストレートプレイ版 舞台『刀剣乱舞』は、2016年5月3日(火・祝)から5月14日(土)まで東京・シアター1010にて、5月17日(火)から5月20日(金)まで大阪・大阪メルパルクホールにて上演される。チケットは、3月26日(土)10:00より一般発売開始。

(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP