HEADLINE

ニュース

海外新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』2016年12月に東京・四季劇場[秋]にて上演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ノートルダムの鐘』

2016年12月より、東京・四季劇場[秋]にて、海外新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』の上演を決定した。本作は、世界的文豪ヴィクトル・ユーゴーの代表作であり、これまで幾度の映画化、舞台化を経ている「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」に発想を得た作品。今回上演するにあたり、全ての出演候補者を劇団四季内外から選考する公開オーディションが実施される。

関連記事:浅利慶太が描く優しい戦後の物語。観客の想像力を信じた舞台『思い出を売る男』舞台レポート

舞台は、15世紀末のパリ。ノートルダム大聖堂の鐘楼に住む男カジモド、その彼を密かに世話する大聖堂聖職者フロロー、同警備隊長フィーバス、そして3人が愛するジプシーの娘エスメラルダが綾なす愛の物語。

1996年に製作されたアカデミー賞にもノミネートされたディズニー劇場版長編アニメーションに基き、作曲をアラン・メンケン(『アラジン』『美女と野獣』など)、作詞をスティーヴン・シュワルツ(『ウィキッド』など)が手がけ、脚本をピーター・パーネル(『On a Clear Day You Can See Forever』など)、演出をスコット・シュワルツ(『Jane Eyre』など)が担当した本作。上演は、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズの製作で2014年にアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴのラ・ホイヤ劇場で、2015年には同ニュージャージー州のペーパーミル劇場で行われた。

今回の演出版では、音楽を作品の「前面/中央」に据える狙いから、中世の典礼劇や宗教礼拝のようにクワイヤ(聖歌隊)を舞台上に始終存在させ、簡潔にまとめた装置の中で世界観を創り出した。俳優たちの所作や歌唱といった極めて演劇的な方法で、人間誰もが抱える“明”と“暗”の様相を繊細に描き、ユーゴーの原作が持つシリアスな印象を重要視した深く美しい人間ドラマに仕上がっている。

海外新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』は、2016年12月に東京・四季劇場[秋]にて上演される。なお、全キャストを対象とした出演候補者の公開オーディションの日程は下記のとおり。詳細は、劇団四季オフィシャルウェブサイトにてご確認を。

◆ミュージカル『ノートルダムの鐘』出演候補者 公開オーディション 実施概要◆

1.メインキャスト(カジモド、フロロー、エスメラルダ、フィーバス、クロパン)
本選4月18日(月)、19日(火)の両日
【予選9日(土)、10日(日)、11日(月)、12日(火)のいずれか1日】

2.アンサンブルキャスト
4月3日(日)、4日(月)、5日(火)のいずれか1日
※一部の方には、4月18日(月)、19日(火)にもお越しいただく可能性あり
(20~60代の男女。町の住民、司祭、ガーゴイル、像、ジプシー、兵士等。高い歌唱力を求む)

3.クワイヤ(聖歌隊)
4月23日(土)、24日(日)、25日(月)、26日(火)のいずれか1日
(20~60代の男女。ダンスや演技の経験は不問。高い歌唱力に加え、ハーモニー能力を求む。舞台奥の大聖堂の中に立ち、聖歌隊として多くのナンバーを歌いあげる)

(C)Disney

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP