HEADLINE

ニュース

投票総数8万票!WOWOW「勝手に演劇大賞」結果発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WOWOW presents「勝手に演劇大賞」

視聴者からの投票によって、演劇界で“最も輝いていたと思う作品・演出家・俳優”を勝手に表彰する WOWOW presents「勝手に演劇大賞」が発表された。6回目の開催となった今回、「作品賞 ストレートプレイ部門」「作品賞 ミュージカル部門」の他に、「演出家賞」「男優賞」「女優賞」の5部門で投票を行い、総投票数はおよそ80,000票にものぼったという。各賞の受賞結果は以下のとおり。

関連記事:演劇関連コンテンツが充実!WOWOWに関する情報はこちら

WOWOW presents~勝手に演劇大賞2015~
■作品賞 ストレートプレイ部門:『No.9-不滅の旋律-
     ミュージカル部門:『いやおうなしに
■演出家賞:白井晃
■男優賞:城田優
■女優賞:大島優子

WOWOW presents「勝手に演劇大賞」_2

作曲家として劇的な人生を送ったベートーベンの半生を描いた、白井晃演出の『No.9―不滅の旋律―』が、作品賞・ストレートプレイ部門、演出家賞、女優賞の三冠を獲得。3台のピアノを駆使し、途切れることなく流れるように展開してゆく演出に、多くの感動の声が寄せられた。

作品賞・ミュージカル部門は、O.L.H.(面影ラッキーホール)のリアルな歌詞と妙に懐かしいメロディをふんだんに使い、ダメな男と女のやるせない物語を紡いだ歌謡ファンク喜劇『いやおうなしに』。

男優賞の城田優はミュージカル『エリザベート』に出演し、2度目のトート役で「さらに素晴らしくなった、はまり役」との意見が多かったそう。現在は、地球ゴージャスプロデュースvol.14『The Love Bugs』の公演中。そして5月には、1966年にブロードウェイで初演された『アップル・ツリー』で初演出を手がける。

女優賞の大島優子には「演劇は初舞台でしたが、とてもそのように見えない存在感があった」と、多くのコメントが寄せられた。今年5月には、鈴木おさむ作・演出の舞台『美幸 ―アンコンディショナルラブ―』の美幸役で早くも2度目の舞台出演が決定しており、今後も舞台の世界での活躍が期待できそうだ。

各受賞結果は、WOWOW演劇大賞HPで確認することができる。また同サイトでは、3月1日(火)に受賞者からのコメントを掲載予定とのことなのでぜひチェックを!

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP