HEADLINE

ニュース

第58回グラミー賞授賞式開催!渡辺謙主演『王様と私』最優秀劇場ミュージカル・アルバム受賞ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004283.jpg

016年2月16日(火)(現地時間15日)、アメリカ・ロサンゼルスのステープルズ・センターにて開催された世界最高峰の音楽の祭典「第58回グラミー賞授賞式」。最優秀劇場ミュージカル・アルバム賞に渡辺謙の主演する『王様と私』がノミネートされたいたが、惜しくも受賞を逃した。

関連記事:渡辺謙主演『王様と私』が第58回グラミー賞最優秀劇場ミュージカル・アルバムにノミネート!

このアルバムは、今回のオリジナル・キャストによる新録音で、公演期間の合間を縫って、米ニューヨーク、リンカーン・センター・シアターで録音された作品。王様役の渡辺は、ケリー・オハラとともに「シャル・ウィ・ダンス?」などで歌声を披露していた。なお、最優秀劇場ミュージカル・アルバム部門では、ブロードウェイミュージカル『Hamilton』が受賞。

関連記事:ミュージカル『Hamilton』、第58回グラミー賞授賞式のオープニングでパフォーマンス!

テイラー・スウィフトの華麗なパフォーマンスでスタートを飾った今年のグラミー賞授賞式。そのテイラーは7部門にノミネートされ見事「年間最優秀アルバム」を含む3部門を受賞。最多となる9部門11ノミネートのケンドリック・ラマーは、「最優秀ラップ・アルバム」など5部門を獲得した。

その他主要部門である「年間最優秀レコード」にはマーク・ロンソン ft.ブルーノ・マーズ『Uptown Funk』、「年間最優秀楽曲」はエド・シーランが『Thinking Out Loud』で悲願の受賞。「最優秀新人賞」はメーガン・トレイナーが受賞。マーク・ロンソンは3部門、アラバマ・シェイクスは3部門受賞となった。

日本人ノミニーでは、小澤征爾が指揮したオぺラ・アルバム「Ravel: L‘Enfant Et Les Sortilèges; Shéhérazade(ラヴェル:「こどもと魔法」)が「最優秀オペラ・レコーディング」を見事受賞した。小澤は、8回目のノミネートで初受賞。

なお、WOWOWではこの模様を「第58回グラミー賞授賞式」(字幕版)を2016年3月20日(日・祝)夜 7:30よりWOWOWライブにてリピート放送する。グラミー賞授賞式の最新情報はWOWOW特設サイトへ。

渡辺謙(C)Izumi Hasegawa / HollywoodNewsWire.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP