HEADLINE

ニュース

『JUSTIFIED 俺の正義』ティモシー・オリファント、舞台『Hold On to Me Darling』に出演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004200.jpg

西部劇タッチで描く刑事ドラマ『JUSTIFIED 俺の正義』でレイラン・ギヴンズ保安官を演じたティモシー・オリファントが、オフブロードウェイの舞台『Hold On to Me Darling』 に出演することが明らかとなった。

関連記事:『キャロル』ケイト・ブランシェット、舞台『The Present』でブロードウェイデビュー!

米BROADWAY.COMによると、本作は、映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』や『アナライズ・ミー』で脚本を手掛けたケネス・ロナーガンによる戯曲。ティモシーが演じるのは、母親を亡くし、人生の意義とは何かを追い求める西部劇俳優のストリングス・マクレーン。俳優としてのキャリアと名声を捨て、ホームタウンのテネシー州に戻った彼だったが、思ったほど現実は甘くはなかった…。

ティモシーのほかには、『ザ・パシフィック』でウィルバー・コンリー1等兵を演じたキース・ノッブス、アデレイド・クレメンス(『ヴァンパイア』)とジョナサン・ホーガン(『LAW & ORDER ロー&オーダー』)らがキャスティングに顔を揃えている。

1995年に演劇『The Monogamist』で舞台デビューを飾ったティモシーは、シアター・ワールド・アワードを受賞。彼が、オフブロードウェイに戻って来るのは実に20年振りのこととなり、同年に『The Santaland Diaries』でも舞台を踏んでいる。

『Hold On to Me Darling』は、リンダ・グロス・シアターにて2月24日(水)より公演が開始する予定。また、ティモシーが出演する米FOXの新作コメディドラマ『The Grinder(原題)』は、毎週火曜21:30より放送中。

ティモシー・オリファント(C)Kazuki Hirata / HollywoodNewsWire.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP